あの方の正体は烏丸蓮耶!?ついに原作で工藤優作によって明らかに!しかし新たな謎が…

『名探偵コナン』でずっと謎だとされてきた黒の組織のボス『あの方』の正体が『烏丸蓮耶』であるということが、原作の第1008話で明らかにされました!

単行本では95巻で明らかに!!

 

ついに~!って感じですよね!

でも『え?烏丸蓮耶って誰?』と思う方も多いのではないかと思います。

今回は、『名探偵コナン』に登場する『あの方』の正体である『烏丸蓮耶』とは一体どんな人物なのかについて解説していきたいと思います。

名探偵コナンの動画や映画が観れるのはココ!!

紅の修学旅行編・青の古城・緋色シリーズ・ロンドン編なども

↓↓ ↓↓

何故『烏丸蓮耶』が『あの方』だと判明したのか

※引用元:https://renote.jp/articles/11107

烏丸蓮耶の名前が挙がったのは、羽田浩司の残したダイイングメッセージから工藤優作が導き出したからです。

 

17年前に死んだプロ将棋棋士であった羽田浩司は、APTX4869を飲んだ人物のリストに名前が載っていたため、黒の組織となんらかの関係を持っていた人物であるということが分かっています。

 

羽田浩司殺害現場に残された手鏡には『PUT ON MASCARA』と書かれていたのですが、手鏡は人為的に割られており、『PTON』だけ別の場所によけてあったのです。

これは羽田浩司の残したダイイングメッセージなのでは?とコナンたちは考えます。

 

残された文字は『U MASCARA』

コナンは最初『ASACA』と『RUM』というように二つに分けて考えており、黒の組織のNo.2の『ラム』が『浅香』という人物なのではないかと推理していました。

 

しかし工藤優作は、二つに分けて考えるのではなく『CARASUMA』という一つの名称としてみるべきなのではないかと考えたのです。

この『CARASUMA』が指しているのが『烏丸蓮耶』だということですね!

 

スポンサーリンク

烏丸蓮耶とは?

烏丸蓮耶と聞いてもピンとくる人はなかなかいないのでは?と思います。

烏丸蓮耶は実は単行本でいうところの第30巻File4『惨劇』に登場しています。

 

しかし、実際に人物が登場しているわけではありません。

なんとその時点で烏丸蓮耶はもうこの世にはいない人物として紹介されていたのです。

 

『烏丸蓮耶』が関連した事件とは?

※引用元:https://www.megane-shufu.com/conan-boss

『烏丸蓮耶』が初めて登場した回は、単行本でいうところの第30巻『惨劇』アニメでは第219話の『集められた名探偵! 工藤新一vs.怪盗キッド』です。

 

このときは名前とシルエットだけの登場でしたが、烏丸蓮耶が黒幕なのではという噂はファンの間では濃厚な説であったようですね!

 

この事件は、ある洋館に隠された財宝の謎を呼び寄せられた探偵たちが解いていくという話です。

その洋館は『黄昏の館』と呼ばれており、財宝の謎を解き明かした際には、千億はくだらないとされるほどの黄金で出来た館が姿を現したのです。

そして、その洋館の所有者こそが『烏丸蓮耶』だったのです。

 

しかし、烏丸蓮耶は半世紀前に99歳で謎の死を遂げているということでした。

ただの大富豪のじいさんというだけでなく、烏丸蓮耶は事件も起こしています。

烏丸蓮耶は生前、母親から譲り受けた『黄昏の館』に隠された財宝を見つけるために大勢の考古学者たちを呼び寄せました。

 

自分の命が尽きる前にその財宝をひと目見ておきたいと言う気持ちから焦っていたのだと思われます。

しかし、考古学者たちは財宝を見つけることができず、激昂した烏丸蓮耶は呼び寄せた考古学者を次々と殺害していったという事件です。

 

この事件は表に出ることなく40年間隠蔽され続けてきました。

大富豪だからこそ、その権力でもみ消したということでしょうか。

金のためなら人をも殺してしまうという猟奇的な面も見られる事がわかりますね。

 

スポンサーリンク

烏丸蓮耶の伏線はどこに?

※引用元:https://renote.jp/articles/11107

黒の組織のボス『あの方』が『烏丸蓮耶』だという伏線は実はところどころに散りばめられていたのです。

黒の組織

黒の組織のメンバーはみんな黒づくめの格好をしていますよね。

烏丸蓮耶=カラス=黒

という理由から黒の組織は形成されたのではないかということです。

 

着メロが『七つの子』

ボスの着メロが童謡『七つの子』であるのは有名な話ですよね。

『カラス~何故鳴くの~♪』

という歌詞は、烏丸蓮耶を表していたということになりますね!

 

ピスコの発言

ジンによって始末された黒の組織の一員であるピスコです。

彼は『あの方に長年仕えた・・・』と言っています。

ピスコは71歳でありますが、そのピスコが長年仕えたということは、『あの方』はかなりの高齢なのではないかということが予測されます。

40年前に謎の死を遂げた烏丸蓮耶はこれに当てはまっていますよね!

 

スポンサーリンク

烏丸蓮耶は生きてる?死んでる?新たな謎

烏丸蓮耶は40年前に99歳で謎の死を遂げたとされています。

 

ということは現在は140歳は越えているということ・・・?

しかし、黒の組織のメンバーたちは『あの方』と今でもリアルタイムで繋がっているような発言をしていますよね。

 

140歳を越えてもなお生存し続けているのか・・・普通に考えたら無理ですよね。

それとも何か別の方法で生きながらえているのか。

 

黒の組織では、コナンや灰原が飲んだような人を若返らせる薬、死んだ人間を蘇らせる薬の開発研究をしていることが分かっています。

薬の開発は成功していて、烏丸蓮耶は生き返っているのか、それともAPTX4869を飲んで幼体化してどこかで身を潜めているのか。

謎は深まるばかりです。

 

烏丸蓮耶があの方!しかしまだ謎が残る・・・

『あの方』の正体が『烏丸蓮耶』だということが判明したということで長年の『黒幕は誰なのか論争』は終結したと言えるでしょうか?!

しかし、烏丸蓮耶が黒の組織のボスだったんだ!そうだったんだ!と素直に納得するにはまだ謎が多すぎますよね。

 

黒の組織では、コナンたちのように人を幼体化させたり、死者を蘇らせる薬を発明していたり、不老不死に関する内容もちょこちょこ登場します。

 

やっぱり、烏丸蓮耶は黒の組織が施した何らかの方法で生き返っているのか、不老不死の身体を手に入れているのか、という考察が濃厚なのではないでしょうか?!

 

工藤優作は烏丸蓮耶のことを日本の財政界を牛耳る力を持っている『この世に存在するはずのない、この日本で最も強大な人物』であるとしています。

そんな相手にコナンはどのように立ち向かっていくのか、黒の組織の本当の目的とは一体何なのか、これからの展開にも目が離せませんね!

 

ボスが烏丸蓮耶だとわかっての反応やコメントは?

確かにコメントにもあるように、ボスが烏丸蓮耶だとしてもいろいろつじつまが合わないところが出てくるんですよね。

黒の組織の創設者は烏丸蓮耶だとして、もしかしたら引き継いだ2代目のボス「あの方」が存在するんじゃないかと思います!

 

と、なると、

またボスは別にいて、黒の組織のメンバーが言っている「あの方」っているのはコナンの近くにいると予想します!

そっちの方が面白いですしね。

もし烏丸蓮耶がアポトキシンで若返っていたとしても、100歳越えってなると90歳くらいになります。

もう烏丸蓮耶は死んでいると思ってもいいでしょうね。

 

あの方の正体は光彦!? 黒幕は他にも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です