円谷光彦のプロフィール~その他プチ情報etc…

この記事では名探偵コナンでお馴染みのキャラクター、円谷光彦(以下、「光彦」)について紹介していきたいと思います!

様々な疑問やプチ情報もあり(^^)

名探偵コナンの動画が観れるのはココ!!

期間限定で映画配信されるのでチェック~

↓↓ ↓↓

円谷光彦のプロフィール

名前:円谷 光彦(つぶらや みつひこ)

通っている学校:帝丹小学校

学年:小学1年生

クラス:1年B組

体重:20kg

好きな食べ物:ヨーグルト

嫌いな食べ物:ニンジン

好きな人:吉田歩美、灰原哀

声優:大谷育江(一時期、折笠愛さんも担当していました)

 

ざっくり紹介するとこんな感じです!

光彦は少年探偵団の一員でもあり、コナンと灰原の次に頭のキレる男の子です!⇒あの方は光彦!?なんでそう言われるの?

ちなみに名前の由来は浅見光彦から来ています。

浅見光彦とは内田康夫氏の推理小説に登場する架空の人物です。

 

光彦はなぜ常に敬語口調なの?

光彦といえば年上の人に対してだけでなく、同級生に対しても常に敬語を使って話しています。
このことに疑問を持った方も多いのではないでしょうか?

その理由は単純明快で、光彦の両親が共に教師で常に厳しく躾をされていたからです。

 

なお、これはコナンが光彦の姉、円谷朝美から聞いて判明した情報です。
(ちなみに円谷朝美の声優さんも大谷育江さんです。)

そのためなのか、時々小学1年生とは思えないような発言や推理をすることがあります。

そのせいで私は「実は光彦が黒の組織のボスでコナンや灰原と同様にAPTX4869を飲んで小さくなっているんじゃ。。。」

なんて考えていたこともありました(笑)

そこで今回は個人的に光彦が一番活躍したと思われる回を抜粋して紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

光彦が大活躍した話

◯ アニメ
第188話 「命がけの復活 洞窟の探偵団」
第189話 「命がけの復活 負傷した名探偵」

◯ コミック
25巻
FILE.9 手負いの探偵団
FILE.10 心強き名探偵達

話の概要

阿笠博士の車でキャンプに行った少年探偵団。薪拾いをしていると近くにある鍾乳洞を発見。コナンが制止するも、元太、光彦、歩美の3人は鍾乳洞に入ってしまう。仕方なくコナンもついていくことに。

しばらく洞窟の中を彷徨っていると、死体を運んでいる犯人3人を目撃。犯人に気づかれてしまったコナン一行はその場から逃げようとするが、犯人の1人が撃った銃弾がコナンの腹部に当たってしまう。

 

負傷したコナンを元太が背負いながら犯人から逃げる少年探偵団。すると6つの洞穴のあるところに辿り着き、どれが出口に繋がっているのか分からない状態に。コナンは一瞬で出口に繋がる洞穴を見抜くも、その答えを言う直前で気を失ってしまう。そこで歩美がコナン抜きで出口に通じる洞穴を推理しようと提案。ここで光彦の推理が冴え渡る。

そして見事、光彦の推理で出口を見抜いた少年探偵団は犯人から逃げながら出口までたどり着き、犯人たちもお縄についた。

 

なお、この話はYouTubeでもご覧になれます。ただし、それぞれ108円と有料なのでその点はご注意ください。「YouTube = 無料動画だけ」と思い込んでる方もいらっしゃると思ったので念のため忠告しておきます。
(無料で転がってないかな〜?と期待して探しましたが残念ながらありませんでした 泣)

この2話を見ただけでも光彦がどれだけ優れているかが分かりますね!
(見ていない方には伝わらないかもしれませんが 笑)

さて、光彦の情報はもう十分に伝わったと思いますが、最後にプチ情報をいくつか載せて筆を置きたいと思います!

 

コナンの動画ならU-NEXTもオススメ!

ロンドン編・ベルツリー・来葉峠・緋色シリーズ・劇場版も配信中

31日間無料見放題作品が無料視聴出来ます

 ↓↓ ↓↓

光彦に対する個人的な印象・プチ情報

途中でもちらっと言及しましたが、私は光彦が黒の組織の関係者で「もしかしたらボスもあり得るのかも・・・」と思っていた時期がありました。理由は小学1年生とは思えない知識量と礼儀正しさです。

 

光彦のような多少頭のキレる人物はキャラ的にもアニメ的にも必要な存在ではある気はしますが、そう思わせといて実はAPTX 4869で小さくなって秘匿捜査をしているのかなと考えていました。

要するに光彦は公安なのかなと思ってたんですが、安室さんが公安なのでその線はもうないと思います(笑)

 

また、常に敬語で言葉遣いの丁寧な光彦ですが作者の青山先生曰く、最初はキャラ設定を少し嫌な奴にするつもりだったそうです。(これは『名探偵コナン 40+』のP.151に書いてあります。)

 

その証拠にコミックの初登場回は敬語を使っていない光彦が載っています。

「そんなの、タダの作り話だよ・・・」

「この科学の時代に、そんなのがいるわけないよ!!」

「お化けや妖怪は、TVやまんがだけにしてほしいね・・・」

(第2巻 FILE. 8 恐怖の館 より)


確かに少し嫌な奴という感じが現れてますね(笑)

でも青山先生は「声優の大谷さんの声が可愛かったから(キャラ設定を)変えちゃいました」とおっしゃっていました(笑)

正直今となってはこの決断は正しかったと思います(笑)

当初のキャラ設定を貫いていたら光彦の人気は今ほど上がらなかったのではないでしょうか?(笑)

 

私も光彦は敬語の方が好きです!

歩美と灰原を同時に好きになって恋愛のことで悩むなどませている部分もありますがその分光彦の個性がにじみ出ていると思います!

この記事を書いている現在(執筆時の日付:2018年9月4日)は話が進みすぎて黒の組織の展開ばかりが目立っていますが、個人的に光彦の独特な個性にも着眼点を置いていきたいと思います!

それでは今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です