【名探偵コナン】黒の組織10億円強奪事件は何巻何話?ネタバレや声優について

灰原のお姉さん、宮野明美の初登場回「黒の組織10億円強奪事件」!

黒の組織10億円強奪事件は何巻に収録されていて、アニメでは何話で放送されたかや、

内容についてのネタバレ、声優さんなどについて紹介していきます。

 

ジンやウォッカも登場し、黒の組織にまたコナンが1歩近づいた重要回でもあります。

灰原初登場回にもこの話は登場し、伏線が散りばめられていたんだなと認識しました。

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

名探偵コナン「黒の組織10億円強奪事件」は何巻何話?

名探偵コナン「黒の組織億円強奪事件」ですが、

単行本では2巻のファイル4:行方不明の男~ファイル7:悪魔のような女に収録されていて、

アニメとはまた違う内容でした。

 

アニメでは128話の1話のみ放送され、

当時そこまで伏線があるような回だとは思いもせず、あっけなく終わっていました。

スポンサーリンク

名探偵コナン「黒の組織10億円強奪事件」のネタバレ!

単行本(2巻)のネタバレは…

「私の父を捜してください」と毛利探偵事務所に依頼に来た広田雅美。

唯一の肉親だと言う雅美は父の広田健三の捜索を依頼し、探し出しますが後日首をつって殺害されていました。

※引用:https://conan-urabanashi.com/haibaraai-sister-2063

雅美と同時に広田健三を探しているという大男と遭遇。

急いで雅美の自宅に行きますがその大男が殺害されていました。

 

最近起こった10億円強奪事件の3人組に体格が似ていることからピンときたコナン。

蘭と一緒に追いかけますがジンとウォッカの手にかかった後でした。

 

その時のセリフはアニメとだいたい一緒でした。

 

128話のアニメのネタバレは…

銀行に来た小五郎と蘭、コナンの3人。

コナンは受付の広田雅美と顔見知りで雑談。

時計をかなり気にしていて、彼女はお昼休みに。

 

コナンが外をうろついていると、現金輸送車が襲われているではありませんか!

犯人は2人で拳銃を所持していました。

 

スケボーで逃走車を追いかけますが、残念ながら撒かれてしまいました。

 

10億円を強奪されたとあり大きな事件へと発展。

逃走車が見つかりコナンと小五郎は目暮警部らと一緒に現場へ。

痕跡は残っておらず手詰まりに。

 

後日、夜にガードマンと元レーサーの貝塚という男2人が亡くなっており、2人は共犯だったとわかります。

そして貝塚の部屋からは雅美と一緒の口紅が発見されます。

(もちろん奴らが置いて行ったもの)

 

そのため警察は雅美も含めた3人が10億円強奪事件に関係していると推理。

しかしコナンは別の人間が彼女に罪をなすりつけるために?

と雅美の部屋へ急ぎます。

 

手がかりを捜し、コインロッカーのカギを発見!

と同時に雅美のチョップが飛んできて、一瞬意識を失うコナン。

「行っちゃダメだ」

「ごめんね、ありがとコナン君」

雅美が向かった先は古びた倉庫。

そこへ久々登場ジンとウォッカが!

「その前に妹よ」

10億円のかわりに妹を解放するという約束でした。

 

が、もちろんそんな約束は裏切られてしまい、撃たれます!

コナンは追いつきましたがすでに奴らの姿はなく、意識の薄れていく雅美に誰か聞かれ、

「江戸川コナン…いや、工藤新一探偵さ」

 

そして10億円を預けている本当のカギを渡され、雅美が黒の組織の毒牙にかかったとわかりました。

 

スポンサーリンク

「10億円強奪事件」の声優さんは?

10億円強奪事件に出演されていた声優さんについてです。

ジン・・・堀 之紀

ウォッカ・・・立木 文彦

岸井・・・千葉 一伸

トメさん・・・中嶋 聡彦

支店長・・・中 博史

宮野明美(広田雅美)・・・玉川 紗己子

 

名探偵コナン声優一覧

 

トメさん出てきた!懐かしい(笑)

このエンディングでの声優紹介で、すでに宮野明美になっていました!

まあ人が「宮野明美」って言っちゃってるんでしょうがないですけどね~でもコナンは宮野明美と知らないままだったでしょう。

 

スポンサーリンク

「10億円強奪事件」の評価・感想

個人的な評価

※引用:https://twitter.com/matsuken_conan/status/8793318

個人的ですが評価させていただきます!

重要回 ★★★★

悲しさ ★★★★★

推理 ★★

かなりの重要回なため★4になってます!

命の危険がわかっていて、コナンも止めたのに行かなきゃいけないという表情だった宮野明美のシーンにはかなり胸をうたれました。

とっても悲しい回ですよね。「ピアノソナタ月光」とか、「そして人魚はいなくなった」もなかなかの悲しい回ですが…

推理としては一瞬で共犯者がわかったと思うので、アニメの方では推理が楽しめなかったと思います。

単行本の方ではかなり楽しめましたけどね!え?娘じゃなくて強盗犯?しかもお姉さんだった!ってなりましたもん(笑)

※あくまでも個人的にということをご了承ください。

 

個人的な感想・口コミ

コナンの中でもけっこう悲しい回にランクインするんじゃないでしょうか?

のちに灰原初登場回と繋がる回ですが、この時は全くそんなことも考えず見てました。

広田雅美(宮野明美)はこんなに重要人物になるなんて!

まさかガッツリ黒の組織と関係している人で、さらに赤井秀一の彼女でした。

ずっとお互い本当の自分じゃなく付き合っていたという悲しいカップルでしたが…

諸星大の偽名が判明したのは!?

 

それに灰原の姉で、灰原のために事件を起こし、そして口封じされたという。

それも込みで観るととっても寂しい気持ちになります。

灰原の家族はちょいちょい本編でも登場してきますが、かなりややこしくなってきていますよね~

こんなに前から伏線がはられていたのにはビックリです!

この話は単行本とアニメではあまりにも登場するタイミングが違うため驚いている人も多いと思います。

話の内容もかなり違いますね!

単行本では宮野明美が少女に変装して、父親を捜してもらうという依頼をして来ました。

その時点ですでに10億円強奪事件は起こっていました。

それで逃げた強盗仲間を捜し、一緒に捜していた大男は黒の組織(ジンとウォッカ)にやられ、

最後に広田雅美という流れ。

 

蘭も一緒にコナンと行動していて、ガッツリ小五郎も関わっていましたが、なんでアニメではこんなに内容が違うんでしょうか?

広田雅美という名前は教えてもらっていた大学教授の名前を拝借したということにして灰原の初登場回へとつなげるためだったんでしょうか?

その辺りも謎が深まります。

 

黒の組織一覧 初登場回など

ヘルエンジェルとは!?宮野エレーナについて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です