今さらネタ

怪盗キッドが初登場したのは何話?登場映画はこちら!

『名探偵コナン』の登場人物の中でも人気の高いキャラクターの一人である『怪盗キッド』。

狙った獲物は鮮やかな手口で盗み出し、優れた頭脳を持ち、スタイル抜群イケメンでキザなセリフを恥ずかしげもなく吐き捨てる。

そんなキッドに心を奪われてしまったキッドファンの女性も多くいるのではないでしょうか?

今回は、そんなキッドが初登場した回はいつなのかについて、単行本、アニメ、映画などそれぞれ紹介していきたいと思います!

コナンの動画ならhulu(フールー)

2週間無料!緋色の不在証明配信(まもなく)

緋色の弾丸特別映像も配信中

↓↓ ↓↓ ↓↓

↑ 現在全映画配信中 ↑

紅の修学旅行編・エピソードNOEも!

 

『緋色の弾丸』ネタバレと感想!

声優情報やグッズ情報、2022年の映画の情報もあり!

 

キッドが初登場したのはいつ?

キッドが初登場したのは、

単行本では16巻【File6~9】アニメでは76話の一時間スペシャルの『コナンvs怪盗キッド』です。

怪盗キッドはもともと青山剛昌先生の他作品『まじっく快人』の主人公であり、『名探偵コナン』にはゲストとして登場する予定でした。

怪盗キッドのプロフィールについてはこちら!

 

『コナンvs怪盗キッド』あらすじ

蘭と園子が世間を騒がす『怪盗1412』について話しながら街中を歩いているとき、横断歩道で新一によく似た男子高校生を見かけます。

蘭は驚き声をかけようとしますが、気づかれないまま一緒にいた女の子と一緒に通り過ぎて行ってしまいます。

 

蘭はその男子高校生を新一だと思い込んでいたので、蘭に気づかず声もかけてくれなかったと腹を立てている様子。

その様子を見ていたコナン。

新一はコナンになってしまっているので、新一が街中を歩いているはずがない・・・。

 

コナンは迷惑な話だと思いますが、それとは別に怪盗1412の話を出し、園子が怪盗1412を捕まえてほしいと依頼したがっていることを小五郎に話します。

怪盗1412は、鈴木財閥の家宝である『ブラックスター』を盗み出すと予告上を送ってきていました。

 

ちなみに、怪盗1412というのはキッドのことなのですが、『1412』を『KID』と読み間違えたことからキッドと呼ばれるようになったんです。

 

そして、その予告上の内容は『エイプリルフール、月が二人を分かつとき、漆黒の星の名の下に、波にいざなわれて、われは参上する、怪盗キッド』というものでした。

始めは興味を示していなかったコナンもこの予告上を見て興味津々。

暗号を解こうと一生懸命考えますが、なかなか暗号を解くことができません。

ただ、『エイプリルフール』ということから、犯行日時は4月1日であるということだけ分かっていました。

 

それ以外の部分はコナンも小五郎や警察の推理では解読することに手間取っていましたが、警察関係者の漏らした何気ない一言からコナンはキッドは、とあるビルの屋上にやってくるということを予測し、接触することに成功します。

 

キッドの予告状の『月が二人を分かつ』というのは人工衛星と太陽の間に月が入る月蝕のことを指し『漆黒の星』というのは『Black Star』

今回の目的である『ブラックスター』ともう一つ、頭文字BとS をとって『BS 放送』のことを指していました。

 

コナンは、キッドはBS放送が中断する深夜12時半から4時半の間にやってくる推理したのです。

そしてエイプリルフールが指していたのは『今夜はただの下見で、宝石を盗むつもりはない』という意味も含まれていたのです。

 

ビルの屋上にやってくるコナン。

キッドもまさか子供がいるとは思わなかったはずです。

『よぉボウズ、何やってんだこんなところで』とコナンに話しかけますが、コナンは『花火』と言って花火を打ち上げて警察たちにキッドの居場所を知らせます。

そんなコナンを見て『ボウズ、ただのガキじゃねぇな』というキッドにコナンは『江戸川コナン、探偵さ』と言うのでした。

 

キッドは探偵だと名乗るコナンに『怪盗はあざやかに獲物を盗み出す創造的な芸術家だが、探偵はその跡を見て難癖つけるただの批評家にすぎねーんだぜ?』と言い残し、わざとビルに警官を集めてそのまま逃走します。

その後もコナンはあと一歩のところまでキッドを追い詰めますが、逃げられてしまうのでした。

これが、キッドの初登場回であり、コナンとキッドの初対面となります。

 

名探偵コナンの映画/アニメが観れるのはココ!!

緋色シリーズ赤井秀一スペシャル映画の動画も配信中

↓↓ ↓↓

簡単1分登録で30日間無料で動画視聴/DVDが楽しめる♪

怪盗キッドが登場する映画は?

※引用元:http://jin115.com/archives/52009154.html

怪盗キッドが初登場する映画は、1999年4月17日に公開された劇場版第3作目『世紀末の魔術師』です。

他に、コナンの映画には、業火の向日葵・天空のロストシップ・探偵たちのレクイエム・銀翼のマジシャンに出演してますよ~

キッドファンにはロストシップと向日葵が人気ですね。レクイエムはちょっとしか出なかったので~

スポンサーリンク

怪盗キッド初登場の映画『世紀末の魔術師』あらすじ

怪盗キッドから警視庁あてに予告状が届きました。

それは、鈴木財閥の蔵から発見されたロマノフ王朝の秘宝『メモリーズ・エッグ』を盗み出すというもの。

 

警視庁は小五郎にも捜査協力を要請し、また、西の高校生探偵服部平次も力を合わせてキッドが送り付けてくる暗号を解きながらエッグを探し、また事件を解決していくというストーリーになっています。

謎解き、アクションなどが盛りだくさんで最初から最後までワクワクさせてくれる展開となっています。

 

そして、とにかくキッドがかっこいいんです!

キッドファンなら、『世紀末の魔術師』は絶対にチェックしておきましょう!

世紀末の魔術師 ネタバレはこちら!

 

スポンサーリンク

怪盗キッド初登場についてのまとめ

キッドは最初ゲスト登場ということでしたが、それ以降も登場し結構重要な役割をこなしていますよね!

それだけ、初回のインパクトが大きく大人気になったからということでしょう(*^^*)

今ではこんなにもメインキャラクターの一人として『名探偵コナン』の中でも大活躍しています!

 

初登場のときからキザなセリフを惜しげもなく大放出しています。

でも、そんなキザなところもキッドの魅力ですよね~!

 

初登場回で最初に蘭と横断歩道ですれ違ったのはキッド正体である黒羽快人の姿ですが、しょっぱなから新一に激似であることが明らかになっていたんですね!

 

キッドのときは最初あまり顔をはっきり見せないようにしてる感じだったのに。

新一がいる!と思った蘭は気が気じゃなかったんじゃないでしょうか( ;∀;)

まさか今後この人物が新一の変装をして自分の前に現れるなんて予想もできないですよね!

 

キッドが出てくる回は、アクションあり、謎解きありでコナンの推理も大活躍でとっても面白いです!

キッドファンの方も、そうでない方も2019年のキッドメインの映画のためにもう一度キッドの初登場回をチェックしてみてはいかがでしょうか??

 

怪盗キッド初登場回についての小ネタ・コメント

怪盗キッドが名探偵コナンの本編・映画に登場したときのコメントや小ネタについて紹介していきます!

けっこうキッドについてマニアックな人多いですね(笑)

初登場回では怪盗キッドと呼ばれだした秘密について初めて知ったという今さらな人も多かったですね~

アニメで1話から見返している人とか・・・

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。