946話/947話「呪いの宝石ボルジアの涙」ネタバレ!声優や評価あり

2019年7月13日(前編)7月20日(後編)の2週にわたって放送された名探偵コナン「呪いの宝石ボルジアの涙」!

 

946話・947話の前編・後編についてネタバレはもちろん、声優さん情報や個人的な感想・評価など情報盛りだくさんでお伝えしていきます!

 

前回の名探偵コナンは、944話・945話「いいね。の代償」

前話もアニメオリジナルで、SNSを題材にし、少年探偵団が大活躍した話でした!

犯人の動機がくだらないと話題になりました~

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

946話/947話「呪いの宝石ボルジアの涙」のネタバレ!

※引用元:https://www.mikazuki1.com/entry/2019-07-13-160251

鹿屋建設(かのや)社長、梅木弘道(うめきひろみち)45歳は、

水沢翔(みずさわしょう)25歳、野々垣不動産社員と一緒に、半世紀ぶりの大渇水でダムにきていた。

すると車のなかにナイフで刺されている白骨体が見つかり…

 

946話・947話のネタバレはこちらから!

946話・前編のネタバレ

※引用元:https://twitter.com/conan_file/status/114960440405

40年前旧ヤマトTVで小道具として使用れるはずだった『ボルジアの涙』という宝石が付いた指輪を持ち去ったとされていた女性、付き人の佐伯由利(さえきゆり)30歳の遺体でした。

 

当時犯人だと思われていて、

佐伯菫(さえきすみれ)20歳、由利の孫が毛利探偵事務所に。

 

由利は米花町に住んでいたらしく、車からはボルジアの涙が見つからず、祖母は指輪を奪われて殺されたんではないか?

と捜査を依頼してきました。

 

40年も水中に車ごと遺体となってあったため、捜査はなかなか難しく、警察は自殺と断定しているようです。

 

コナンは由利とと一緒にヤマトTVへ。

「由利ちゃん、すいません古い知り合いに似ていたもので」

鹿屋辰馬(かのやたつま)72歳、鹿屋建設顧問が声をかけてきた。

 

梅木が甥っ子で、以前ヤマトTVに働いていて、由利のことを知っていました。

「スタッフは誰も由利ちゃんが指輪を持ち逃げしたなんて思ってない」

と辰馬。

 

由利が付き人をしていた女優が当時出ていたドラマ、『私が殺しました』の話しをしてくれます。

女優の朝比奈なぎさ22歳はスポンサーの娘で、ひどいあがり症。

このドラマの後はテレビ業界から消えたそう。

 

当時由利はなぎさに、落ち着かせるためリンゴの皮をむかせていたと辰馬。

そして事件当時のことを語り始めます。

 

ボルジアの涙がニセモノと噂が広まったため、本物とわかってからテレビに出すようにしようと由利が運び役になっていました。

 

なぎさは介護施設にいると聞き、3人で向かいますがなぎさは外出中。

コナンは1人朝比奈なぎさ62歳、元女優の部屋に入ります(笑)

 

なぎさは菫を見るなり、「由利ちゃん!ごめんなさい。許して!許して~~~」

 

昔2人の間に何かあったんだろう推理するコナン。

※引用元:http://www.ytv.co.jp/conan/archive/k11691079

帰ろうとしていた3人に声をかけたのは、ボルジアの涙を当時鑑定した、

千住英雄(せんじゅひでお)88歳、西洋史の碩学。

 

菫を由利だと思い込み、当時由利のことを好きだった言い、

さらにボルジアの涙は偽物でヤマトTVからは本物だと言うように言われたと!

 

「まともに聞いてくれたのは由利君だけだ」

 

一方のみ仲間で今回の事件の関係者でもある水沢を訪ねた小五郎。

野々垣不動産に出向いた小五郎は中に入ると焦げ臭いことに気づく。

水沢はボルジアの涙のことで気づいたことがあるからと小五郎を呼び出していたみたいで…

 

947話・後編のネタバレ

※引用元:https://www.youtube.com/watch?v=q_D_Dgq6SSs

後編947話のネタバレはこちらから。

 

火事現場にいたため病院へ入院してしまった毛利小五郎

「水沢を助けられなかった」と悔しがっていますが、

検視の結果水沢は煙を吸っていないことがわかりました!

 

それと水沢のスマホの画像が全くなく、指紋も付いていなかったことがわかります。

 

つまり他殺…

 

被害者と小五郎との約束は6時だったので、5時~5時半くらいに放火された可能性があります。

その時間にアリバイがあったのは梅木のみ!

 

コナンは火災現場の写真を見ようと小五郎に提案。

博士を呼び出し、鹿屋さんはフィルムを“きねこ”にして残していたので、それを見に行くみたい。

コナンはすでに今回の犯人がわかっていて、今からは菫さんが依頼してきた由利さんの事件の方を探るみたい。

 

博士とコナンはわたころの映像をチェックするため鹿屋辰馬のところへ。

「懐かしいの~」と博士。

なんとドラマが放送されたのは博士が小学生のときでした(^^;

 

コナンはラストシーンで窓が開いていたのかが気になりますが、

風が入るとそのシーンが台無しになってしまうから窓は開けていなかったと鹿屋。

 

続いてコナンたちはダム湖へ。

「米花町は…やっぱりな」

と言って、全員を集め小五郎に麻酔銃をブチっと!

 

まずは水沢の事件について。

現場の写真を見せ、テーブルの上に大きな飾りの皿。

さらにお酒も近くにあり、自作自演発火装置をそれらを使い作ったんです!

※引用元:http://www.ntv.co.jp/program/detail/21879951

火があがったときにアリバイがあった人物…梅木が犯人でした!!!

 

しかし動機がない…そこで水沢のスマホに写っていた写真を復元。

水沢は遺体発見後車内を撮影。

通報後また車内を撮影。

 

1枚目の写真はダッシュボードが空いていないのに、2枚目の写真は空いています!

つまりその間に梅木がボルジアの涙を盗んだということ。

 

それが水沢にバレたんですね~

 

そしてここからは由利さんの事件。

今度は博士にチェンジです(笑)

 

きねこの用意をしてもらい、当時のドラマを観始めます。

博士の推理ショー!

なかなか届かない本物のボルジアの涙を待っていたなぎさ。

しかしギリギリで到着した由利は偽物だと知っていたため渡しません。

 

気が動転したなぎさは持っていた果物ナイフで刺してしまいました!

 

由利は刺されたままなぎさをかばうためボルジアの涙とともに車を走らせます。

 

推理に筋は通るんですが、証拠がありません。

が、ラストシーンで光のようなものが映っていたというコナン。

 

実は米花町の塔空港外の光で、状況証拠が成立したと喜ぶ菫。

 

後日、なぎさのところへ行った菫。

「由利ちゃん元気でいたのね」

「ええ、ずっと元気でいたわ」

と、偽物ですがボルジアの涙をなぎさに届けました。

 

次回のコナンは7月27日土曜日放送「恐竜につぶされた男」

ネクストコナンズヒントは…恐竜。

 

スポンサーリンク

「呪いの宝石ボルジアの涙」の声優について

呪いの宝石ボルジアの涙に登場したゲスト声優さんについてです。

梅木弘道(うめきひろみち)・・・斉藤次郎

水沢翔(みずさわしょう)・・・三宅貴大

医師・・・三瓶雄樹

フロントの女性・・・処河ひとみ

佐伯由利(さえきゆり)・・・河原木志穂

佐伯菫(さえきすみれ)・・・同上

鹿屋辰馬(かのやたつま)・・・井上典宏

朝比奈なぎさ(あさひな)・・・江守浩子

千住英雄(せんじゅひでお)・・・坂口哲夫

 

名探偵コナン 声優一覧

 

1人2役を演じている川原木志穂さんは、ウォーキング(WALKING!!)で轟八千代役や、真剣で私に恋しなさい!で橘天衣など、可愛い女の子役が多い声優さんです。

 

スポンサーリンク

946話/947話「呪いの宝石ボルジアの涙」の個人的な評価・感想

2週にわたって放送された名探偵コナン「呪いの宝石ボルジアの涙」ですが、個人的な評価や感想を紹介していきます。

呪いの宝石ボルジアの涙の評価

推理 ★★★★

ストーリー ★★★★

作画 ★★

推理の部分ではかなり楽しめましたね!

ダムにたまっていた水が干上がって約半世紀ぶりに車が現れたなんてめっちゃホラーで幽霊出そうな感じでしたが、内容はそこまで怖く無くて良かった…

白骨化した遺体が出てくる話はほとんどが怖いですからね~青の古城とかもめっちゃ怖かったし(^^;

ストーリーという部分でもスムーズで違和感もさほどありませんでしたが、コナンは安定で事件を呼び寄せる(笑)

何かしら事件に関連性のある人を呼び寄せるなと思います。

で、安定で作画が…なんか引きの画がやっぱりひどすぎる!

個人的な評価なのでご了承を。

呪いのの宝石ボルジアの涙の感想

今回はなかなか刺激的な内容でしたね~

白骨化した遺体が出てくるとたいがい怖い話なのかなってビビってしまいます。

 

前編部分はかなり気になる感じで、謎がたくさん残されたまま後編に続きました。

菫さん見てさぎささんビックリしすぎてましたね~

あんな発狂してたら何かあったに違いない!

確実になぎささんのせいで由利さんが死んでしまったんでしょう。

 

でも殺人事件だと思うので、ナイフを誰が刺したのか…気になります。

容疑者はけっこう出てきてますからね!

登場人物が多いので引っかかる点が多いし、推理の行方も気になるところ。

 

蘭の携帯に電話がかかってきたとき、教授の「無粋な機械めが」って言ったのには笑いました(笑)

いくらぼけてるとはいえ何時代だよ(-_-;)

 

しかも教授、なかなかイイキャラでしたね!面白かったです(^^)

 

なぎささん登場してきたとき、元女優なのになんか普通のおばあちゃんすぎて(^^;

発狂して着たときはさすがにビビった。

怪しすぎるの満載でしたね。

しかも近くにあの教授がいたし、気づかないもの!?それともさほど知り会いじゃないのか!?

 

容疑者との出会い方がちょっと違和感というか、無理やり感ありました。

 

博士がきねこをきなことかけていたのには笑いましたね。

コナンに無視られてるし(笑)

ハンライス~3回よそえばサンライズ~を思い出しました(笑)

(わかる人にはわかる!博士のギャグの歌が披露されたのは…)

 

またコナンは勝手に全員を呼び出して何がわからない小五郎を眠らせていましたね(笑)

高木刑事とか千葉刑事がいろいろツッコんんでいたのは笑いました(^^;

不可解シーンばかりですしね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です