降谷零のプロフィール!本名が判明したのは何話?

本記事では名探偵コナンの登場人物「降谷零」について見ていきます。

 

「降谷零って誰?そんな人物いた?」

と思われる方もいるかもしれませんが、実は顔は知っているけど本名を知らないだけという可能性があります。

では詳しく見ていきましょう。

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

降谷零のプロフィールはこちら!

※引用元:https://otakaranet.com/amurotooru.html

名前:降谷 零(ふるや れい)

年齢:29歳

コードネーム:バーボン

偽名:安室 透(あむろ とおる)

職業:公安警察(本職)、黒の組織の一員(潜入捜査)、ポアロの店員(潜入捜査)

あだ名:ゼロ

声優:古谷徹

 

安室透のプロフィール 詳しくはこちら!!

 

なんと降谷零は安室透の本名なのです!

 

と言ってもあまり驚かれないかもしれませんね(笑)

と言うのも、今年公開された映画『ゼロの執行人』で「3つの顔を持つ男」として大々的に紹介されていましたから(笑)

 

では安室の本名が発覚したきっかけはなんだったのか?

以下ではそれを詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

「降谷零」本名が分かったきっかけは安室透の失態

降谷零と本名がわかったきっかけについて紹介していきます。

アダ名が「ゼロ」だと発覚

安室透が楠田陸道のことを探るために杯戸中央病院にやってきたとき、たまたまエレベーター前で子どもがエレベーターが降りてくるのをカウントしている場面がありました。

 

子どもが「3! 2! 1! ゼロー!!」と言うと、安室はそれに反応します。

 

同時にコナンもそれが引っかかります。

そして小五郎に「ん?どうかしたか?」と聞かれると、「僕のアダ名も「ゼロ」だったので呼ばれたのかと・・・」と答えました。

 

名前が透なのにどうしてゼロなのかを問われると、

「透けてるって事は何もないって事・・・だからゼロ・・・」

と答えていましたが、コナンはその理由に納得していない様子でした。

緋色の序章 ネタバレ

アニメ第770話「ギスギスしたお茶会(前編)」、コミック第84巻「FILE.6 ギスギスしたお茶会」)

 

「僕の日本から・・・」発言の真意

※引用元:https://www.ebookjapan.jp/ebj/content/sakuhin/1981

安室透はFBIのジョディ・スターリング、アンドレ・キャメルの2人に対し、以下のセリフを言い放ちます。

 

「とっとと出て行ってくれませんかねぇ・・・僕の日本から・・・」

 

この発言を聞いたコナンは安室の正体を確信し、

「安室の兄ちゃんってさ・・・敵・・・だよね?悪い奴らの・・・」

と安室本人に確かめます。しかし、安室は

「君は少々僕の事を・・・誤解しているようだ・・・」

と言って否定します。

 

しかし、コナンは安室の正体を公安警察だと推理していました。

公安警察だと思われる要素は以下の4つです。

 

① 事件の真相を瞬時に見抜く洞察力

② ベルツリー急行でシェリー(実際は怪盗キッド)を殺そうとしなかったこと

③ 「ゼロ」という単語に反応したこと

④ 「出て行ってくれませんかねぇ・・・僕の日本から・・・」という信念

 

「ゼロ」というのは公安警察の俗称です。

これは「存在しない組織であれ」という意味で付けられたコードネームなのです。

緋色シリーズのネタバレ

(アニメ第780話「緋色の追求」、第84巻「FILE.11 バーボンの追求、緋色の序章」)

 

遂に本名発覚!!


赤井秀一を追い込むために工藤邸に乗り込むも失敗に終わった安室透。

部下と電話連絡を取っていると、途中から赤井秀一が安室と直接電話で話すことに。

 

赤井秀一

「あだ名が「ゼロ」だとあのボウヤに漏らしたのは失敗だったな・・・降谷零君・・・」

「「ゼロ」とあだ名される名前は数少ない・・・調べやすかったよ・・・」

ここで初めて安室透の本名が降谷零であることが判明します。

 

そして、結局安室の正体は公安警察であり、コナンに対して誤解と言ったのはウソだったことも発覚します。

緋色の真相 ネタバレ

(アニメ第783話「緋色の真相」、コミック第85巻「FILE.4 緋色の真相」)

 

スポンサーリンク

「安室透」と「降谷零」の名前に隠された秘密

安室透もしくは降谷零の声優さんの名前は古谷徹さんです。これを見て「あれ?これってもしや?」と思ったあなたは鋭いです(笑)

 

あむろ とおる」「ふるや れい」から赤字だけを取ると、

ふるや とおる」となり、声優の古谷徹さんの名前が出てきます。

 

一方の青字だけを取ってみると、「あむろ れい」となり、

ガンダムのキャラ「アムロ・レイ」の名前になります。

 

そしてこのアムロ・レイの声優も古谷徹さんです。

コナン作者の青山剛昌先生は大のガンダム好きということもあり、コナンにもちょいちょい絡めてきますよね(笑)

 

この名前の件に関しては古谷徹さん本人が青山先生に対して

「いくらなんでもこれはやりすぎじゃないですか?笑」と言っていたようですが、

 

青山先生が「でもゼロは公安のコードネームだから」と言ったら納得されたようです(笑)

 

これについては以下の動画で確認できますのでよろしければこちらもご覧になってください!

 

スポンサーリンク

最後に

※引用元:https://otakaranet.com/amurotooru.html

今のところコナンの登場人物で公安だと発覚しているのは今回紹介した降谷零とその部下の風見裕也

あとは組織に潜入していたスコッチ、そして警察学校時代に安室と同期だった伊達航の計4人ですが、私はまだ他にいるのではないかと考えています。

 

公安?1人目:松田 陣平

映画第20弾「純黒の悪夢」で安室が爆弾を解除するとき、

「焦りこそ最大のトラップだったな、松田」というセリフを言っていることから、かつて松田と関わりがあったことは間違いありません。

 

と言ってももう亡くなってるから公安だと発覚したところで・・・、

と思っていましたが、松田刑事と言えば佐藤刑事も思い入れのある刑事です。

そして今のところ、原作で安室透と佐藤刑事はまだ共演していません。(2018年11月現在)

 

つまり、今後2人が共演するようなことがあれば、松田刑事についての新たなエピソードが出てくる可能性があります。

そこで松田刑事が公安だと発覚すれば私は推理大当たりでバンザイです(笑)

 

公安?2人目:脇田兼則

安室と同様に毛利探偵事務所の近くにある「いろは寿司」で働き(安室は「喫茶ポアロ」)、毛利小五郎に弟子入りもしています。

脇田兼則のプロフィール

安室と全く同じ行動を取っている理由は、単に脇田も公安だからと考えれば納得がいきます。

しかし、そう思わせるためのミスリードの可能性もありますし、加えて脇田はRUM疑惑をかけられている人物なので

「RUMだと思わせて実は公安だった!」というオチになるのは到底考え難いです。

 

でも公安の可能性もゼロではないので、念のため候補として挙げておきました。

 

では、今回はこの辺にしておきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

RUM(ラム)候補!誰がラムなのか大胆予想!

安室透大活躍!95巻のネタバレ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です