迷宮の十字路(クロスロード)のネタバレ!犯人の動機がくだらない件※個人的な感想あり

2003年に公開された、コナン映画シリーズ第7作。

2016年の「好きなコナン映画ランキング」で堂々の第一位に輝いた、大人気の作品。

コナンの好きな映画ランキング

 

今回の主役は服部平次。そして、彼の「初恋の人探し」がテーマになっています。

舞台は京都。街並みがとてもリアルに描かれている点も必見。

倉木麻衣さんの主題歌もとってもマッチしています!

 

名探偵コナンの映画迷宮の十字路(クロスロード)のネタバレ、犯人の動機、主題歌、感想などをご紹介します。

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

迷宮の十字路(クロスロード)のネタバレはこちら!

さっそくネタバレを紹介していきます!

オープニングはこの度主役の服部平次君が担当しています(笑)

連続殺人事件が発生

※引用元:https://notes8.biz/2018/04/28/post-252/

東京、大阪、京都で連続殺人事件が発生。

 

翁の仮面を被った謎の人物に、5人の人物が殺害されます。5人の共通点は、古美術を専門とする窃盗団「源氏蛍」のメンバーだということ。

犯人は弓と剣を使って倒していました。

 

大阪に住む服部平次は、この事件を解決すべく京都に向かいます。

 

実は京都は、平次が初恋をした場所。とあるお寺で≪手まり歌≫を歌っていた女の子に恋をしたのです。

その子が落としていった水晶玉を、今でも大切に保管しています。

幼馴染の和葉はそれを複雑な想いで見守っていました。

 

博士の恒例ダジャレ問題

探偵団たちは京都に行くという話しで持ち切り!

そして恒例の博士からの問題です(笑)

 

弁慶には好きな女性がいて、その人が他の男と結婚すると知ります。

弁慶はそれを知ってどう思った?

①怒った

②喜んだ

③泣いた

 

「泣いた。答えは3番の泣いた。弁慶の泣き何処から考えたんでしょ」

と冷静な灰原が答えました。

 

京都で再会するコナンと平次

同じころ、毛利探偵事務所にもある依頼が舞い込んできます。

依頼主は京都・山王寺の住職。コナンたちは京都へと向かいました。

 

依頼の内容は、≪盗まれた秘仏のありかを示す暗号を解いてほしい≫というもの。

 

この仏は8年前に盗まれたのだが、今になって暗号が送られてきたというのです。

 

そのころ平次は京都に付いていて、ひったくりを捕まえていました。

ひったくりあっていた女性2人。

1人は山倉多恵(やまくらたえ)52歳で茶屋のおかみ。

もう2人は千賀鈴(ちかすず)19歳で舞妓。

 

千賀鈴は親指をケガしていたので気になった平次。

 

暗号がなかなかわからないコナンと小五郎たち。

 

コナンは秘仏を盗んだのが源氏蛍だと思い、弁慶にゆかりのある場所を調べて行き、その途中で偶然平次と出会い行動を共にすることになります。

 

平次の初恋物語

※引用元:https://matome.naver.jp/odai/2149157397705029801

コナンは平次の案内で弁慶石、蹴上インクライン疎水公園などへ行きます。

 

清水寺に行っていた蘭と園子は、待ち合わせしていた和葉と清水寺へ。

表情が曇っている和葉。「京都には平次の初恋の人がいてんねん」と。

 

「桜か」

と平次は目を細め、寺に遊びに行った時窓の格子から見えた手毬唄を歌っていた女の子いて一目ぼれしたみたい。

それが平次の初恋でした。

 

その子が落としていったものがビー玉のようなガラス玉を今も大事に持っていたんです。

 

狙われた平次!平次を狙う人物とは・・・

※引用元:http://kaola.jp/2014/08/23/27755

2人は鞍馬山を訪れました。

すると、背後から何者かに矢を討たれ狙われます。

安定のバイクで追いかけますが、結局追いつかずまかれてしまいました。

 

2人に怪我はありませんでしたが、なぜ襲われたのかは分かりませんでした。

 

千賀鈴さんがいるお茶屋さんへ行った小五郎や平次、コナン達。

そこには

竜園(りゅうえん)34歳、山能時寺の僧侶

桜正造(さくらしょうぞう)51歳、古美術商

西条大河(さいじょうたいが)35歳、古本屋の店主

水尾春太郎(みずおしゅんたろう)33歳、能役者

が一緒にいました。

 

その夜、また殺人事件が発生。

桜さんが殺されたんです!

被害者はまたも「源氏蛍」の一員。連続殺人事件の犯人は京都にいることが発覚します。

 

和葉と共に平次は一度大阪に帰ろうとします。

その時、鞍馬山で平次を襲った犯人がまた姿を現します。

危機一髪で和葉に助けられ、平次は助かりますが、負傷してしまいました。

 

平次の初恋は千賀鈴!?

容疑者に聞き込みに行くコナンと平次。

そこにすっぴんの千賀鈴さんがいて、あまりの美しさに目を奪われるコナンと平次(笑)

 

帰りに千賀鈴さんから京都の地名に沿った歌、手毬唄を聞かされ、

平次は初恋の人が千賀鈴さんではないかと思います。

 

京都に来ていた探偵団と出会う平次とコナン。

元太が迷子になったため探しに行くことに。

元太は六角堂にいました!

 

そこで桜さん殺害の謎が解けます!

自分の初恋の相手(千賀鈴)が犯人なわけがないと言う平次ですが・・・

 

暗号の謎が解けた平次とコナン!

絵は京都の地名になぞらえて作られていました。

 

さらわれた和葉!

山能寺から盗まれた仏像。

白毫(平次の持っている水晶玉)が落ちてしまい、それを平次が拾っていたことを知った源氏蛍。

首領はのちに死期を悟り、メンバーに暗号を残して解けたものが次の首領にするとした。

 

と、コナンは推理。

平次はコナンと共に事件の真相に迫っていきます。

 

そこに犯人から一本の電話が。その内容は、「和葉を人質にとった。返してほしければ一人で鞍馬山(くらまやま)に来い」というもの。

しかし平次は、犯人に負わされた傷が痛み倒れてしまいます。

 

蘭はコナンたちが佛光寺に行ったと和尚から聞き、コナンたちと同じように玉龍寺跡という石碑を目にします。

 

鞍馬山(くらまやま)での決闘!犯人発覚

※引用元:http://www.geocities.jp/wggsr233/web_movies/files/

鞍馬山には、翁の面を付けた犯人とその部下たちの姿がありました。

 

帽子を深々と被った平次。事件の真相・犯人の正体を明らかにしていきます。

 

犯人はお茶屋で知り合った≪西条大河≫だったのです。

 

犯人の動機

犯行の動機は、「源氏蛍」のリーダーが死期を悟り、「隠した秘仏を一番先に見つけたものを次の義経にする」と言ったこと。

西条は自分が義経になるべく、他のメンバーたちの殺害を企てたのです。

宝を独り占めしたかったんでしょう。

 

そして寺を道場として存続させたかったという動機でした。

仏像はこの寺に隠されていると教えた平次(新一)

 

見事に事件の真相を暴き、和葉を解放させた平次でしたが、西条は平次に切りかかってきます。

その時平次の帽子が宙に舞いました。

すると、和葉は平次が別人であることに気づきます。

 

事件解決!和葉を助けに来たのは新一!?

※引用元:ss4696cinema.hatenablog.com/entry/2017/04/06

和葉を救出しにきたのは工藤新一だったのです。

灰原哀が作った薬で元の姿に戻った新一でしたが、副作用で風の症状が出ており上手く動けません。

 

剣の達人である西条を前にし、絶体絶命!!

その時、西条の部下の1人が西条に切りかかります。平次が紛争していたのです。

(この後、新一は決闘の現場から避難し蘭と再会します)

 

コナンの助けもあり平次が犯人を倒し、一件落着となりました。

 

平次の初恋の相手とは

※引用元:https://twitter.com/hashtag/

平次が初恋の相手が落としたものとして大事にしていた水晶玉は、今回の事件に関わる秘仏の額のものだと判明。

 

事件が無事解決し、みんなで京都駅を出発しようとしていた時、和葉が手まり歌を口ずさみます。

それは平次の初恋の相手が歌っていたのと同じ歌詞。

 

平次は、自分の初恋の相手が和葉だったのだと気づくのでした。

 

スポンサーリンク

迷宮の十字路(クロスロード) 出演声優

迷宮の十字路(クロスロード)に出演している声優さんについてです。

<スタンダードメンバー>

コナン・・・高山みなみ

蘭・・・山崎和佳奈

小五郎・・・神谷明

灰原哀・・・林原めぐみ

阿笠博士・・・緒方賢一

服部平次・・・堀川りょう

遠山和葉・・・宮村優子(子供・・・佐久間レイ)

工藤新一・・・山口勝平

鈴木園子・・・松井菜桜子

目暮警部・・・茶風林

吉田歩美・・・岩居由希子

円谷光彦・・・大谷育江

小嶋元太/高木渉・・・高木渉

大滝悟朗・・・岩本規夫

白鳥任三郎・・・井上和彦

佐藤美和子・・・湯屋敦子

千葉刑事・・・千葉一伸

 

名探偵コナンの声優一覧

 

<ゲスト声優>

円海(えんかい)・・・井原啓介

竜円(りゅうえん)・・・中村大樹

桜正造・・・亀井三郎

水尾春太郎・・・遊佐浩二

西条大河・・・鈴置洋孝

千賀鈴(ちかすず)・・・安達まり

綾小路文麿・・・置鮎龍太郎

山倉多恵・・・鈴木弘子

 

スポンサーリンク

迷宮の十字路(クロスロード)主題歌は「Time after time~花舞う街で~」/倉木麻衣

2011年、コナン15周年の年に行われた≪好きな映画主題歌アンケート≫堂々の第一位に輝いたのが、

この映画の主題歌「Time after time~花舞う街で~」です。

倉木麻衣さんは京都の名門・立命館大学の出身。今回の映画の舞台にゆかりのある方なんですね。

それもあってか、この曲は映画の雰囲気にぴったり。

 

また、この映画のキャチコピーは「わたしたち、やっと逢えたんだね・・・」でした。

初恋の相手にやっと会えた平次。

そして、元の姿に戻った新一に会えた蘭。

 

特に、蘭は新一に会ったことを夢だったのではないかと疑い始めてしまいます。

しかし、京都駅で自分が持っているハンカチが、新一と再会した時に持っていたものと同じだと気づきます。

そして、「やっと逢えたね」と心の中でつぶやくんです。

 

そのラストシーンの後に流れるこの曲が最高。

とても切ない、ちょっともの悲しいメロディー。

 

そして歌いだしの、「もしも 君に巡りあえたら 二度と君の手を離さない」という歌詞。

新一を想い続けている蘭ちゃんの気持ちとマッチしているように感じます。

ランキング1位になったことに納得の一曲です。

 

スポンサーリンク

迷宮の十字路(クロスロード)の感想

好きな映画ランキング1位になることが納得の映画です。

 

平次が好きな人がみんなこの映画に投票したというのもあるでしょうが・・・、

平次&和葉、新一&蘭

この2組のカップルの関係についても大きく描かれています。

 

コナンはもちろん謎解き要素が強い作品ですが、恋愛部分が大好物のファンも多数。

私もその一人です。

 

個人的に好きなのは、川沿いの料亭でみんなが食事をしている時のコナンの回想シーン。

雲から出てくる月を見て、ふと蘭とのエピソードを思い出します。

 

ある日のデート。待ち合わせをすっかり忘れていて2時間も遅刻した新一。

さすがに待っていないだろうと思いつつ急いで待ち合わせ場所に行くと、蘭はまだ待っていました。

暗い中、月明かりの下で蘭は「良かった。新一に何かあったかと心配していた」と会えたことを喜びます。

 

今もずーーーーっと新一を待ち続けている蘭ちゃん。

その健気さを改めて感じるシーンですし、2人の絆の深さを感じられます。

ちょっとしたシーンですが、この映画のキャッチコピーである「やっと、逢えたね」にも通ずるシーン

 

そして、事件の時にコナンの姿から元に戻った新一。

新一と蘭が再会するのも、また月明かりの下でした。

一瞬だけの再会でしたが、とってもロマンチック。

「あら、私待つのって嫌いじゃないよ。だって、長く待てば待つほど逢えた時嬉しいじゃない」

という蘭ちゃんのセリフ。

 

いつかコナンが元の姿に戻って再会する日を連想して、ニヤニヤしてしまいます。

そして、平次と和葉の関係も見どころです。

 

平次が初恋の相手を探すと聞いてやきもちを焼く和葉。

和葉のことが好きなくせに、今さら初恋の人なんて探すなよ・・・!

と言ってやりたくなりますが、結局初恋の相手は和葉でした。

 

ちょっとベタベタな落ちだなーと思ってしまいますが、素直じゃない平次はちょっとかわいい。

ここまで、とにかく恋愛要素への感想を綴ってきましたが、

この映画、事件の内容はあまり・・・なんというか、濃くありません。

 

犯人の動機も、結局「自分が義経になりたかった」というだけのもの。ちょっと単純です。

 

京都という「場所」の雰囲気を楽しみながら謎を解いていくというのが主題になっていると思います。

なのでがっつり推理したい!という方には不向きな内容かもしれません。

とにかく雰囲気が最高。2組のカップルのやりとりにキュンキュンさせられる。

そんな映画になっています。

 

名探偵コナンの好きな映画ランキングでは何年経っても上位3位以内にはランクインしていてずっと人気のある映画ですが、

興行収入自体はそこまで良くはありませんでした。

しかしかなり話題作になっていて、映画に登場してきたコナンや平次たちが行っていた京都の土地を実際に訪れる人もいたりと根強い人気があります!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です