951話「汽笛の聞こえる古書店2」ネタバレ!声優や評価あり

名探偵コナン951話「汽笛の聞こえる古書店2」のネタバレを紹介していきます!

また個人的に評価や感想、登場声優さんについても触れているのでご覧くださいね。

 

951話汽笛の聞こえる古書店2はアニメオリジナル。

前回の950話は「ラジオお悩み相談」の後編でした。

ゲスト声優さんがかなり豪華で盛り上がってましたね。

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

名探偵コナン951話「汽笛の聞こえる古書店2」のネタバレ!

※引用元:http://www.ytv.co.jp/conan/archive/k1169982.html

少年探偵団は汽笛の聞こえる古書店の店主、玉木裕次郎65歳と一緒に本の買取に行きます。

951話「汽笛の聞こえる古書店2」のネタバレはこちらから。

超レアな古本を勝手に売ろうとする奥さん

向かった先は水谷明子(みずたに あきこ)50歳の自宅。

本の買取価格はわりと高値で、5万~20万ほど!

限定本などがあり高価なんです。

 

明子は入院中の主人のものだと言い、店主の玉木は一度ご主人に聞いてみてからということで買い取りをストップ。

少年探偵団も一緒に本を元あったところに戻します。

 

歩美ちゃんが悲鳴をあげました!

本の中に紙魚(しみ)と呼ばれるムシがいたのです。

 

玉木はラベンダーの匂いが紙魚が嫌いだと知っていて、対策をして帰って行きました。

 

ブックカフェに戻ると、お客さんで沢田良介(さわだ りょうすけ)35歳が来ます。

彼はスマホでとってきた本の査定を依頼し、全部で200万くらいするということ。

その話を聞き、「あの野郎」と言って出ていきました。

 

後日阿笠博士も一緒に古書店へ。

汽笛の聞こえる古書店1のときに登場していた、玉木一郎(たまき いちろう)と恋人の吉川美知子(よしかわ みちこ)が接客してくれます。

 

水谷さんちの本を買い取った裕次郎。

稀覯本以外は買い取ったそうです。

 

起きてしまった事件

※引用元:http://www.ytv.co.jp/conan

するとそこに高い本の稀覯本が盗まれたと明子から連絡がありました!

 

明子は食事に出ている間にガラスが割られ、盗まれたということで、稀覯本の存在を知っていた裕次郎が盗んだのではないかと疑っています!

 

沢田が買取に来ました。

「偶然ですね。これと同じ本を査定したんですよ」

と言っていると、ラベンダーの香りがする紙が出てきたため水谷さんちから盗んだ本だとわかります。

 

「警察に連絡するよ」と裕次郎。

「これは俺の本だ」

と言っていましたが逃げていきます。

 

そして夜になり、少年探偵団が通りかかると血が付いた裕次郎の前に警察に囲まれ、亡くなっている沢田が。

 

第一発見者は明子。

実は裕次郎がそこにいたと言い、凶器は大きな石。

その石からハンドクリームの成分がでたと!

 

裕次郎もハンドクリームを持っていました。

 

裕次郎は19時に沢田から呼び出され、自分が行くとすでに亡くなっていたと…

 

警察の調べでハンドクリームの成分が一致。

さらに沢田と取っ組み合いになったということもあり、連行されそうになります。

 

証拠を発見!哀ちゃんもニヤリ

コナンは決め手にかけるとまだ推理中でしたが、明子がやかんの音に反応し、止めに行ったのを見て謎が解けます!

 

ハンドクリームは被害者が撲殺された後で付けられたもの。

犯人は窃盗に関与したもう一人。

 

水谷の本の写メは黒ずみがあり、明子の携帯のカメラのレンズに傷があったんです!

本の窃盗は認めましたが、殺害は認めません。

 

明子の眼鏡のレンズが片方だけくもらなかったのをみて、石に塗ったハンドクリームがついたのでは?

とコナン。

 

レンズから被害者の血こんの痕跡がある!とそこが証拠になりました。

 

沢田に脅され、今後も脅されるかもしれないと思い、殺害。

主人に黙ってお小遣い稼ぎをしようと思っていたことが殺人にまで発展してしまったんです。

次回のコナンは「迷宮カクテル」前編

コナンの95巻「黒ウサギ亭にて」~の内容になっていて、赤井秀一=沖矢昴だと安室透にバレるという回!

そしてラムもちょい登場しますよ!

めっちゃみどころ!

 

ネクストコナンズヒントは・・・バニーガール

スポンサーリンク

汽笛の聞こえる古書店2の声優

玉木裕次郎・・・牛山茂

玉木一郎・・・志村貴博

吉川美知子・・・宮川美保

沢田良介・・・野瀬育二

水谷明子・・・松岡洋子

 

951話のゲスト声優さんは松岡洋子さんが出演されていましたね!

松岡さんは90年代放送のゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎の声をされていて、高山みなみさんと新旧出演ですね(笑)

少年の声が多かったので女性の声が珍しくて…(^^;

 

スポンサーリンク

名探偵コナン951話「汽笛の聞こえる古書店2」の評価・感想

951話の個人的な評価

推理 ★★★

作画 ★★

ストーリー ★★★★

アニメオリジナルなのにストーリーの流れが良かったように思います。

個人的にはスムーズじゃなかったかなと…

犯人はすでに確定していたのでそこは推理として楽しめませんでしたが、証拠を探すところではいろいろ推理できたのではないでしょうか?

作画は…カット割り的なのがいつもと違って違和感ありましたが、画は安定で引きがとくにひどいなって思います。

でも慣れてきたのは私だけでしょうか?

※個人的な評価なのでご了承くださいませ~

951話の個人的な感想

絵のカットとか、ストーリーの進み方とかが今までと違う感じだなと思ってちょっと斬新でした。

内容としては前回(汽笛の聞こえる古書店の1)よりも面白かったなと思いました。

 

今回は裕次郎さんが重要人物としてかなり調査されていましたが、

もう容疑者は1人のようなもんでしょ。わかりやすかったですね。

 

でも実際に起こった事件だったら裕次郎さんがシロだとは警察が思ってくれないでしょうね(^^;

状況証拠は揃ってたし、確実に連行されているでしょう。

 

しかしそこはさすがコナン!

犯人の明子の蒸気が眼鏡にかかり、片方だけくもっていなかったのを見抜くなんて。

抜け目ないな…

 

なんかあっけなく終わりましたが、1話完結のアニメオリジナルにしては見ごたえあったかなと思います。

個人的には面白かったです。

犯人の証拠は何になるのかの推理ができて良かったですけどね~

 

鬼太郎の声に違和感ありすぎて…少年の声が急におばちゃんに(^^;

まあまあそんなことは気にならないか!

 

アニメオリジナル2があることに感動しましたし、引き続きの登場人物も出てきて良かった(^^)

哀ちゃんがコナンにプレッシャーかけた後でコナンが真相をつかみニヤッとしたシーンで、哀ちゃんも「謎が解けたのね」とニヤッとしたシーンは良かったです~

そして次週が楽しみ過ぎる!

原作にもある話だし、安室透VS赤井秀一にもなるし!(ネタバレすいません)

ラムも登場してきて…とりあえず豪華となってます~

 

名探偵コナン 96巻のネタバレ!

あの方はやっぱり光彦!?黒幕の正体は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です