銀翼の奇術師(マジシャン)をネタバレ!感想、犯人など見どころも大公開!

銀翼の奇術師(マジシャン)あらすじや感想、犯人は?詳しくネタバレしていきます!

 

映画の主題歌は大人気で、「好きな映画主題歌ランキング」でも上位なのに内容の人気がイマイチな銀翼の奇術師(マジシャン)

怪盗キッドが登場する回でもあり、安定で新一に変装するところからファンも多い作品で、公開は2004年でコナンの映画8作目となっています。

名探偵コナンの動画が観れるのはココ!!

期間限定で映画配信されるのでチェック~

↓↓ ↓↓

銀翼の奇術師(マジシャン)のネタバレはこちら!

第8弾劇場版名探偵コナン「銀翼の奇術師(マジシャン)」は2004年4月17日に公開されました。

名探偵コナンの映画 興行収入ランキングはこちら!

今回はそのあらすじ(ネタバレ)と感想について書いていきますね。

監督:山本秦一郎(それまでは“こだま兼嗣”)なので、劇場版を最初から順に見ている人には少し違和感があったかもしれません。

怪盗キッドが狙う「運命の宝石」とは?またその手口とは?

今回怪盗キッドが変装した人物はまさかのあの人

屋上へと駆け上がっていくコナン、そして屋上で警官に扮した怪盗キッドを追い詰めるシーンから始まります。

そして時はさかのぼり10時間前。

毛利探偵事務所に怪盗キッドから予告状が届いたという2人の女性が訪れています。

 

予告状の内容はこうです。
“Romeo
Juliet
Victor
Bravo!
26の文字が飛び交う中 “運命の宝石”をいただきに参上する”

 

そしてトランプのスペードの2が半分になったイラストが描かれていたのです。

 

“運命の宝石”とは、スターサファイアのことで、表面に浮かび上がった交差する3本の線が“信頼”“希望”“運命”を表しており、“運命の宝石”と呼ばれているそうです。

 

怪盗キッドから宝石を守って欲しいと依頼された毛利小五郎達は牧樹里の主演公演「ジョセフィーヌ」へ行くことになります。

そしてその現場に怪盗キッドはあろうことか“工藤新一”に変装してまぎれてきたのです。

もちろん、江戸川コナン(工藤新一)はすぐに気づきますよね。

 

周囲に伝えるものの江戸川コナン=工藤新一と伝えられるわけもありません。

中森警部も顔をひっぱってみるもののはがれません。

これは怪盗キッドの本当の顔が工藤新一と似ているのではないかとコナンは推理します。

 

怪盗キッドの本当の姿(黒羽怪斗)の姿は青山剛昌先生の「マジック怪斗」でも確認できますし、劇場版名探偵コナンの「世紀末の魔術師」でも最後で工藤新一に変装しています。

 

そして新一の幼馴染で好意を抱いている毛利蘭もいつもと違う言動に勿論、不審に思います。

しかし、園子をはじめ、周囲の人達は不審に思わなかったようで、鈴木園子なんて蘭に「好きなら好きって言えばいいじゃない。」と蘭に発破をかける始末。

 

これも後から考えると最後のクライマックスシーンの伏線となっているんですね。

それに対して、「そんなんじゃない。」といつものように照れ隠しに否定する蘭。

 

今回の劇場版クイズ

いつもは阿笠博士が出すのですが、今回は工藤新一に変装した怪盗キッドが探偵団達にクイズを出します。

【問題】
ナポレオンの土地に2人の日本人が家を建てたそうだ。

その2人とは次のうち誰と誰か。

1.冬野さん   2.古野さん   3.深野さん

ヒント:ナポレオンの名言「我が辞書に不可能の文字はない」

 

答え:3の深野さん
理由:辞書=地所 に 不可能(深野) はない

 

ということらしいですね。

しかし、この「我が辞書に不可能の文字はない」という言葉も実は最後の場面の伏線なのです。

 

この後のコナンと怪盗キッドの追走劇も「劇場版名探偵コナン」ならではのハラハラドキドキのシーンです。

ここは動きがあってなんぼのもんなので、是非動画で確認してほしい場面の1つです。

コナン君の推理とパラグライダーを事前に準備する先読みの力は相変わらず感銘を覚えましたね。

何とか怪盗キッドから宝石を守り抜いたコナン達は牧樹里に別荘のある北海道へと誘われ、飛行機で旅立つのでした。

 

怪盗キッドの予告状の本当の意味

江戸川コナンは昨夜の怪盗キッドについて不審感を抱いていました。

・昨夜、本当に怪盗キッドは宝石を奪うつもりだったのか。

「キミとかくれんぼするには日が暮れすぎて」という言葉がひっかかっていたようです。

 

・怪盗キッドが警官に扮していた時、長すぎる警棒を持っていたのも怪盗キッドにしては迂闊すぎる

そんなことを考えていた矢先、子供たちの会話から怪盗キッドの予告状の意味を理解するコナン。

怪盗キッドの暗号はフォネティックコードと呼ばれるものだったのです。

 

フォネティックコードとは、飛行機の無線等で聞き間違いを防ぐために使われる通話コードのこと。

26文字が飛び交う中⇒Romeo Juliet Victor Bravo!といったアルファベットが飛び交う中

⇒飛行機の中

 

最後のトランプのスペードの2が半分になったイラスト⇒2で割り切れない

⇒奇数

 

となり、東京発の便は奇数(東京着は偶数)と決まっているので、この行きの飛行機の中で宝石を盗み出すということになるわけですね。

 

つまり、怪盗キッドの昨夜の狙いはわざと江戸川コナンに気づかせ、犯行に失敗したと思わせ、油断させることが目的だったと推測されます。

 

このように北海道に向かう飛行機の中で怪盗キッドの予告状の意味を解き明かした江戸川コナン。

怪盗キッドの本当の狙いは指輪をこの飛行機の中で盗み出すという旨の予告状だということだったのです。

 

歩ちゃんの女心

気圧が変わったことで耳が変になったと騒ぐ子供たち。

そういう時は、唾を飲み込んだり、鼻をつまんで息を吐いたりすることで治ります。

子供たちは早速試そうとするのですが、その様子を見ていたコナンは吉田歩に前を向いていてとお願いされます。

異性、ましてや好きな子にそういう顔を見せたくないという女心ですね。

 

機内で事件発生!

コクピットにコーヒーを持っていくキャビンアテンダントの後についていき、コクピットに入る牧樹里。

彼女はどうやら昔、キャビンアテンダントだったようですね。

機長も快く彼女を迎え入れます。

そして、機長と副操縦士は樹里の手にキスをするのです。

 

その後、コクピットを出た牧樹里は、マネージャーの矢口からチョコレートをすすめられ、口に運びます。

その直後、苦しみ出し息絶えた牧樹里。

 

口からアーモンド臭がすることから殺人だと断定。

また、同じ飛行機に乗っている容疑者たちには全員牧樹里を殺す動機があるようです。

 

牧樹里の様々な行動から犯人を導き出したコナン。

いつも通り、小五郎を眠らせて推理を披露しようとしたコナンでしたが、ちょっとした手違いで横にいた妃英里に麻酔針がささってしまいます。

 

仕方なく、妃英里の声で推理ショーの開幕です。

 

犯人が毒を盛った意外な方法とは?

犯人が毒を盛った方法は何と耳抜きだったのです。

牧樹里は飛行機に乗る際はいつも右手で鼻をつまみ、耳抜きをしていました。

つまり鼻に触ったことで右手に毒物が入っていたファンデーションが付いてしまったということです。

 

耳抜きは先程の歩ちゃんがそうだったように、異性の前でやるには少々恥ずかしい行為。

その為、樹里はトイレの中でやっていたのです。

 

そして、その手で、ココアパウダーが付いたチョコレートを手にしまったのでした。

指先についたココアパウダーをなめたことによって毒物が口に入り、死に至ったというわけです。

 

つまり、樹里のヘアメイク係だった酒井なつきが犯人だったのです。

飛行機に乗る前、牧樹里に化粧を施していた酒井なつきは鼻のところに毒入りファンデーションを塗っていたというわけですね。

それは確かに盲点をつく毒の盛り方でした。

 

殺人トリックによる二次被害

一件落着のように見えましたが、江戸川コナンは一抹の不安を覚えます。

そして、機長が樹里の手に触れ、キスをしていたこと、コクピットにクッキーのサービスを持っていっていたことから、機長たちにも毒が回っているのではないかと推測するのです。

 

コクピットをのぞけば、コナンの推理通り、機長達は苦しんでいました。

機長が苦しみ悶えている最中、オートパイロットが解除されてしまいます。

機転を利かせたコナンと新庄功によってオートパイロットに戻ります。

 

何とか命を取り留めた機長と副操縦士ですが、意識混濁の為、操縦は不可能な様子。

やむを得ず、新庄功と新庄に指名されたコナンがコクピットに入ることになります。

この新庄功は怪盗キッドが変装した姿だったのです。

(本物の新庄は北海道に先回りし、怪盗キッドに変装して待っていたのですが、中森警部達に追いかけられるはめになっていました。)

 

牧樹里が身に着けていたスターサファイアは偽物だと気づいた怪盗キッドは盗むことを辞めます。

 

自動的に空港に着くようになり、何とか空港に到着することが出来ると思った矢先、飛行機に雷が落ち、着陸は不可能となってしまいました。

そしてターミナルビルに飛行機が突っ込んでしまったことにより、滑走路は火災で使えなくなってしまいます。

また、燃料も少なくなってきたため、急遽どこかへ着陸せざるを得なくなります。

 

“室蘭の崎守埠頭”に着陸することを決めたコナン達ですが、新庄功に扮した怪盗キッドは、先程、ターミナルビルに接触した際、右腕を強打した模様。

 

着陸には、両腕が必要となるため、新庄功(怪盗キッド)には操縦が不可能となってしまいました。

よって、怪盗キッドはその場にいた蘭を指名して、コクピットに座らせます。

 

何とか“室蘭の崎守埠頭”上空に来た蘭達ですが、周辺が暗くて着陸は難しいことに気づきます。

そんな中、新庄功(怪盗キッド)は、「ヤバそうなんで俺は降りるぜ。」と言って飛行機から飛び立っていきます。

 

新庄功がいなくなったことを知り、益々不安を募らせる毛利蘭ですが、鈴木園子の機転で少しリラックスします。

そして、飛び立っていった怪盗キッドは崎守埠頭周辺を飛び交い、警察達に目撃させます。

 

蘭の様子を見て、コクピットから一時退出し、無線で蘭に連絡を取るコナン。

励ます新一に対し、不安でいっぱいの蘭は今まで抱えていた新一への不満をぶつけます。

言葉を返せない新一に対し、蘭は「好きだよ。」と勢い余って告白するのでした。

 

直後、蘭は埠頭周辺に赤い光が帯みたいに光っていることに気づきます。

その光の正体は、怪盗キッドを追いかけてきた膨大な数のパトカー達。

怪盗キッドが飛び降りた本当の目的は、パトカーの光で滑走路をつくるためだったのです。

 

何とか埠頭へ着陸することが出来た蘭達ですが、操縦をしていた蘭と園子は緊張のあまり気を失ってしまいます。

 

蘭ちゃんの名推理!?(エピローグ)

無事着陸することが出来て、酒井なつきは警察に引き渡され、蘭は救急車で救護を受けています。

住所と名前を書くよう救急隊員に要しを渡された蘭ですが、その救急隊員はなんと怪盗キッドでした。

 

そこへ蘭の携帯が鳴り響きます。

もちろん新一からです。

携帯に気をとられているうちに怪盗キッドは姿を消してしまいます。

 

そこで、ふとした推理が毛利蘭にはひらめいた様子。

 

その推理とは、

飛行機の中での新一からの電話の正体は怪盗キッドだということ。

 

その根拠は「まるで見ているみたい」だったことと「途中でコナンの声が聞こえた」ということだったようですね。

 

しかし、その前に怪盗キッドが飛び降りたということを園子から聞いているので、辻褄が合いません。

そして、飛び降りたのは怪盗キッドの手下で、やはり先程電話をかけてきたのは怪盗キッドだという結論に至るのです。

 

というわけで、毛利蘭の中では、新一に「好きだよ」と言ったことはなかったこととなってしまったのでした。

 

スポンサーリンク

「銀翼の奇術師(マジシャン)」の登場人物のまとめ

登場人物(メイン)(◎は新一=コナンだと知る人間)

・江戸川コナン(工藤新一

・毛利小五郎

・毛利蘭

・妃英理

◎灰原哀

◎阿笠博士

怪盗キッド

・中森警部

名探偵コナンの声優一覧

登場人物(ゲスト)

・牧 樹里(vo.戸田恵子)

舞台女優。
怪盗キッドから宝石を盗み出すという予告状が届く。
今回の殺人事件の被害者。傲慢。

・矢口 真佐代(vo.久川綾)

牧樹里のマネージャー。
気が利かない性格。

・酒井 なつき

樹里のヘアメイク係。
細かなところに気が付き、樹里に気に入られている。

・成沢 文二郎

樹里の元夫で、まだ未練があるらしく、復縁を迫っていた。

・新庄 功(vo.三木眞一郎)

樹里の現在の恋人。
しかし、樹里からは飽きられていた為、他に可愛い子はいないかと探していた。

・伴 亨

舞台俳優。
樹里を女優として育て上げた恩人だったが、今では樹里に逆らうことが出来ない状態にある。

・田島 天子

舞台女優で、伴亨の妻。

 

コナンの動画ならU-NEXTもオススメ!

ロンドン編・ベルツリー・来葉峠・緋色シリーズ・劇場版も配信中

31日間無料見放題作品が無料視聴出来ます

 ↓↓ ↓↓

「銀翼の奇術師(マジシャン)」の感想

ここからは銀翼の奇術師(マジシャン)の感想についてです。

名探偵コナンの人気映画ランキング

怪盗キッドが自由で大活躍

怪盗キッドが工藤新一に変装したのはいいのですが、黒羽怪斗の部分がちょっと出ていますよね。

それとも怪盗キッドから見た工藤新一のイメージはこんな感じなのでしょうか?

20年来の工藤新一ファンの私としてはやっぱり蘭ちゃん同様違和感を覚えてしまうのですが。

今回の怪盗キッドはとにかく自由という感じがしましたね。

 

哀ちゃんの切ない顔も見逃せない

また、怪盗キッドが工藤新一に変装していることに気づいたコナンは、蘭と怪盗キッドが劇場を調べに行こうとすると「僕も行く!」とダダをこねます。

それを見ていた哀ちゃんの切なそうな顔も見どころだと思います。

 

最後の場面で「あなたの脳の中にも不可能という文字はなかったようね。」とつぶやく哀ちゃんのセリフも是非聞いてほしいですね。

 

コナン君に少なからず好意を持ってるはずなんですが、コナン君が蘭ちゃんを大切に思っていることは誰の目から見ても明らか。

諦めざるを得ないという気持ちが半分入り混じっているような気がします。

 

最近では片思いの相手というよりもパートナーという雰囲気ですが、まだこの時点では心の整理がついていない状態だったのかもしれませんね。

 

今回はギャグ要素が散りばめられていました

毛利小五郎が自分もチョコレートを食べたことに気づいた時の顔色の変わり具合も面白かったですね。

怪盗キッドのダジャレといい、こういった演出は小学生が好きそうな場面ですね。

 

犯人の「酒井なつき」について

犯人の酒井なつきについては確かに同情の余地はあると思います。

一生に1度のチャンスをただ自分の便利な付き人にしておきたいだけという理由だけで裏から手を回され、夢をつぶされた気持ちは分からなくもないです。

しかし、英会話もマスターし、メイクとしての実力を持っている酒井なつきならもっと違う方法で牧樹里から離れる方法を見つけることが出来たのではないかと思いましたね。

初見の時は、中学生だったので、何も考えずに納得していましたが。

 

クライマックスはやはり圧巻!

今回から監督が変わったことも要因しているのか、ギャグ要素がところどころ散見され、今までの迫力感が少し減ったかな。と思ったのですが、やはり、クライマックスのシーンは迫力満点でした。

そして、迫力だけでなく、蘭の切ない気持ち等をうまく織り交ぜて最高の出来になっていると思います。

今回の記事執筆にあたり、もう1度見直していたのですが、ついつい見入ってしまいましたね。

 

挿入歌の「キミがいれば」ともとてもマッチしていて、やはり劇場版名探偵コナンはこうでなくっちゃ!と思わせる場面でもありました。

この作品は近年のカーチェイスや大爆発、コナン君の大活躍というハチャメチャでド派手な迫力シーンのみを求めている人にとってみると少し物足りなさを感じるかもしれませんが、場面の区切りがはっきりしていて、ストーリー展開が分かりやすかったです。

小学生や中学生といった子供たちにも分かりやすいようにストーリーがつながっていていいですね。

 

今後の怪盗キッドにも期待

そして、今回は、とにかく怪盗キッドが様々な人に変装して、大活躍の作品だったと思います。

怪盗キッドファンにはたまらない1作品となっているのではないでしょうか。

2019年劇場版名探偵コナンではまたもや怪盗キッドが活躍する様子。

これも見逃せませんね。

スポンサーリンク

銀翼の奇術師(マジシャン)についてのコメント

最後に銀翼の奇術師(マジシャン)についてのコメントを紹介しました~

やっぱりキッドファンには愛されている作品なんですね。

私的にはつまらない作品ですが・・・(^^;

 

蘭がかわいそう!というコメントと、キッド様カッコイイ!のコメントが1番多かったです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です