【ネタバレ】名探偵コナン『異次元の狙撃手(スナイパー)』 ネタバレ(禁断の真実有り!)

2014年に公開された大ヒット映画、名探偵コナン『異次元の狙撃手(スナイパー)』のネタバレと感想を綴っていきたいと思います!

この映画で初めて明かされた禁断の真実についても触れていきますので気になる方は是非最後まで読み進めていただけると幸いです!

なお、分かりやすいように以下のような色分けをしておきましたので、ご参考までにどうぞ。

・重要な部分・・・黒い太字

・ピンチ・・・赤の太字

・推理・・・緑の太字

・禁断の真実・・・青の太字

「紺青の拳(フィスト)」のDVD/ブルーレイ

最安値・予約はこちら!!

↓↓ ↓↓

登場人物 (レギュラーメンバー編)

ここでは『異次元の狙撃手』の登場人物についてざっくりと紹介していきます!

・江戸川 コナン(工藤 新一)

・毛利 蘭

・毛利 小五郎

・鈴木 園子

・阿笠 博士

・灰原 哀

・少年探偵団(児嶋 元太、円谷 光彦、吉田 歩美)

・目暮 十三

・高木 渉

・佐藤 美和子

・白鳥 任三郎

・千葉 和伸

・綾小路 文麿

登場人物 (初登場編)

・世良 真純
蘭や園子と同じく、帝丹高校に通う女子高生。コナンや蘭には以前会ったことがあるらしいが、詳細は原作でも未だ明らかにされていない。

・ジェイムズ・ブラック
FBIの一員。

・アンドレ・キャメル
FBIの一員。

・ジョディ・スターリング
FBIの一員。

・赤井 秀一
FBIの一員。彼はFBIの中でもかなりの切れ者で狙撃の名手でもあったが、来葉峠で頭を撃たれて死んだとされている。

・沖矢 昴
東都大学院工学部の二年生。住んでいたアパートが全焼し、その後は工藤 新一の家に居候している。その正体は、、、

登場人物 (被害者・容疑者候補編)

・藤波 宏明
外国人に日本の不良物件を売りつけを繰り返す人物。

ティモシー・ハンター
元海軍特殊部隊NAVY SEALSの狙撃兵。2003年から中東の戦争に参加。
一時期「戦場の英雄」と言われていた。

ジャック・ウォルツ
ハンターの交戦規定違反を告発した元陸軍大尉。

・ビル・マーフィー
ウォルツの部下。ハンターの交戦規定違反の同人となった元陸軍三等軍曹。

・森山 仁
妹の自殺の原因となった婚約破棄の相手。

マーク・スペンサー
日本在住の米軍兵の良き相談相手となっている元司令官。

・ケビン吉野
元海兵隊二等軍曹。現在は福生でミリタリーショップを経営。独自のルートで米軍払い下げの品を調達し、販売している。

・スコット・グリーン
元海軍。現在は町田でバイク店を経営。SEALS時代、狙撃スクールの教官でハンターは彼の教え子だった。

・カルロス・リー
元海兵隊の狙撃手。

スポンサーリンク

『異次元の狙撃手(スナイパー)』ネタバレ

異次元の狙撃手(スナイパー)のネタバレを紹介していきます!

<映画予告動画はこちら!>

狙撃事件発生!

コナン一同は園子の招待でベルツリータワーのオープニングセレモニーに参加。すると、たまたまコナンの近くにいた男性が狙撃されてしまう。コナンは犯人を追うべく、スケボーで犯人の狙撃地点と思われる場所に向かった。

 

狙撃地点付近に到着したコナンは、道路が渋滞だったことから、犯人は渋滞を避けるために徒歩かバイクを逃走手段に選ぶはずと推理。結果、その推理は的中し、ライフルらしきものを背負ってバイクに乗っている人物を発見。

 

その後、追跡を続けたコナンだが、途中で犯人に気づかれてしまう。それでも追い続けたコナンだが、細道から道路に出たところで犯人が銃を乱射。

コナンはなんとか全て避けたものの、後ろの車のタイヤに銃弾がヒットし、その車に潰されそうになる。そのピンチをたまたまバイクで追っていて近くにいた世良に救われた。

 

その後、世良のバイクで犯人の追跡を続け、のちにパトカーも犯人追跡に向かう。しかし、犯人が橋の途中で爆弾を投下し、パトカーは被爆。コナンと世良はそれを目の当たりにする。

 

犯人は被爆したパトカーのうちの1台をジャンプ台代わりに使い、橋の反対側(つまり、世良とコナンがいる側)へ飛び移った。

犯人は世良とコナンの存在に気づくも、そのままスルーして逃走を試みる。コナンはすれ違いざまに犯人のバイクに発信機をつけ、世良に時間を置いてから追跡するよう仕向けた。

 

その発信機を元に追跡を再開した世良とコナンは、港の埠頭に辿りついた。

そこには犯人の乗っていたバイクがあり、近くにいることが判明。すると、犯人が出てきて、銃を発砲。コナンが機転を利かせて発砲前にバイクを倒したことで世良はヘルメットをかすれた程度で済んだ。

 

直後にFBIの車がやってきて、キャメルは世良とコナンの盾に、そしてジョディは車の陰に潜む犯人に向かって発砲した。
しかし、車は爆発し、犯人は爆風で海に落ち、逃げられてしまった。

 

その後、警視庁で今回の事件に関する会議が開かれた。

そして今回の事件の犯人候補として挙げられたのが、ティモシー・ハンターという人物である。

 

ティモシー・ハンターって誰?

元海軍特殊部隊NAVY SEALSの狙撃兵。2003年から中東の戦争に参加。

2005年には勇敢さを示した兵士に授与されるシルバースターを受賞。しかし、翌年の2006年に交戦規定違反の嫌疑でシルバースターは剥奪された。ハンターはもちろん否定するも、証拠不十分に終わる。一時期「戦場の英雄」と言われていたが、この一件で「戦場の英雄」から「疑惑の英雄」と呼ばれるようになってしまった。

 

この1件以降、ハンターは戦場でいつも通りのパフォーマンスが発揮できなくなり、しまいには頭に被弾をしてしまう。なんとか手術で一命は取り留めたものの、これを機に除隊せざるを得なくなってしまった。

ハンターの不幸はこれだけにとどまらず、名誉や財産、そして愛する家族まで失うこととなってしまった。これがよりハンターを苦しめることとなった。これ以降、ハンターは6年以上行方をくらましている。

 

今回、なぜハンターが犯人候補かと言うと、ハンターはダイスゲームが好きで自分の左腕にサイコロの刺青を入れている。

また、今回狙撃した場所にサイコロが置かれていたことから、ハンターが犯人ではないかという説がもっとも有力だからである。

さらに、ジェイムズ曰く、ハンターが犯人だという何よりの証拠が被害者の藤波宏明(以下、藤波)にあると言う。

藤波は7年前、ハンターに日本の不良物件を売りつけ、破産に追い込んだ人物である。この事実を知り、一同はハンターが犯人で間違いないと確信した。

 

ハンター殺害!犯人候補が殺される!

ジョディとキャメルの2人は車の中で事件について話し合っていた。相手が元SEALSのスナイパーということで2人も手に負えない様子。そこでキャメルは思わず「赤井さんが居てくれたら・・・」とボソッと口にしてしまう。

ジョディは頼り甲斐のあった赤井さんとの過去を思い出し、涙してしまった。

 

その日の夜、コナンと世良は森山の居場所へ向かった。地下駐車場から森山が出てくるタイミングを伺っていたが、森山は犯人に狙撃され殺害されてしまった。

コナンと世良は急いで狙撃場所と思われる場所に向かうも犯人には逃げられてしまった。しかし、コナンは狙撃場所に置いてあったサイコロと空薬莢を発見。

 

再び警視庁で会議が開かれた。藤波と森山が殺害されたことから、ジョディはハンターが犯人であることはほぼ間違いないと断言。また、佐藤刑事は藤波の時のサイコロが4、森山の時が3だったことからカウントダウンを示しているのではないかと推理。

さらにそれを聞いたジェイムズはハンターのターゲットは4人で、残りの2人を殺害してそれぞれの狙撃場所にサイコロの2と1を置くのではないかと推理。

これを踏まえると残りの2人はジャック・ウォルツとビル・マーフィーが濃厚となる。目暮警部はハンターが東京にいる可能性が高いと踏んで居場所を突き止めるよう要請した。

 

そんな矢先、ハンター自身が射殺されてしまう。容疑者の最有力候補が殺害されてしまったことで、ニュース番組で専門家が、「無差別殺人ではないか?」と発言。

これをきっかけに、◯チャンネルやニ◯ニ◯動画で瞬く間にその噂が広まってしまった。

 

警察はハンターが殺害されてしまったことで混乱し、誰が犯人なのか全く目星がつかない状態になってしまった。

そこで高木刑事と佐藤刑事は小五郎の推理を聴くべく、毛利探偵事務所に向かった。

 

小五郎はマーク・スペンサーの運転手、カルロス・リーが犯人で動機はスナイパーとしてのプライドだと推理。

ハンターの戦地での射殺数は79人であるのに対し、カルロス・リーは78人。

さらに、ハンターはウッズを狙撃し射殺数が80人になった。これを知ったカルロスはハンターを先回りし、藤波と森山を殺害して80人で並んだ。

そこで最後の決着をつけるべくハンターに戦いを挑み、殺害したというのが小五郎の推理である。この推理に納得した高木刑事と佐藤刑事は探偵事務所を後にする。

 

コナンは電話でジョディに新しい情報は無いかと聞くと、ハンターから摘出された弾丸は今までで一番小さい弾丸だったとのこと。また、大学病院でハンターの遺体を見たところ、非常に痩せていたらしい。

疑問に思ったコナンは司法解剖だけでなく病理解剖もしてほしいとジョディに要請した。

 

マーフィー殺害と世良の悲劇

マーフィーはフロントの人から速達が届いていると伝えられる。中には手紙が入っており、同封されていた切符で所定の時刻に浅草に来るよう伝えられていた。そして手紙の最後にはマーク・スペンサーの名前が記してあった。

コナンと世良が浅草で共に事件の推理をしていた頃、コナンのスマホにジョディから電話がかかる。

 

ハンターを病理解剖した結果、胃の中から大量の鎮痛剤が見つかった。

その理由は頭部のMRIで判明。脳幹の近くに銃弾の破片が見つかり、それが8年前に戦地で受けたものだと発覚。摘出手術は成功していたが、まだ破片が残っていたため、それが神経を圧迫していた。普段から猛烈な頭痛に苦しみ、目もよく見えていなかったらしい。

 

その後コナンは高木刑事に電話し、ウォルツとマーフィーの所在地を確認する。

ウォルツは依然京都に、マーフィーは朝9時発の大瑠璃号で浅草に向かったとのこと。

この事実を知ったコナンと世良はマーフィーへの狙撃を警戒し、すぐさま阻止しに向かう。

阻止に向かう途中、コナンは反対側の橋で止まっている車を不審に思い、様子を伺う。

すると、ライフルを構えて待機している犯人を発見。犯人側に戻る時間が無いと判断したコナンは狙撃の妨害を試みる。

 

コナンはどこでもボール射出ベルトでボールを膨らまし、犯人からマーフィーを見えなくした。しかし、マーフィーがこれに気づく前にボールは犯人によって壊されてしまう。

そして次に犯人が狙おうとしたのはコナン。それにいち早く気づいた世良は全力で阻止しようとバイクからコナンに飛びついた。これにより、コナンは被弾を逃れたものの、身代わりとなった世良には命中。そして世良のバイクは爆発した。

マーフィーはこの爆発に気づいたと同時に、自分が犯人に狙われていることに気づくも時すでに遅し。マーフィーは射殺されてしまった。

 

世良はその後病院で手術を受けた。

その間、コナンは目暮警部たちに事情を話した。そしてハンターについて新たなことが明らかになった。

ハンターは8年前の時点で、頭部に受けた銃弾の後遺症により狙撃ができる身体ではなくなっていた。

また、自宅から押収された日記の内容は全て嘘で、ハンター自身の殺害もあらかじめ犯人に頼んだものだった。これは最重要容疑者である自分(=ハンター)が射殺されることで捜査を混乱させるとともに、次の標的のマーフィーを油断させ、狙撃しやすくすることが狙いだった。

 

そして今回も狙撃場所にサイコロと空薬莢が置かれていた。しかしサイコロの目は1ではなく5だった。つまり、佐藤刑事のカウントダウンという推理は外れだったのだ。これによりさらに困惑する警察とFBI。

 

その頃、京都に滞在していたウォルツに綾小路警部が事情聴取。

浅草近辺とサイコロに心当たりはないかと尋ねるも、そんなことはどうでもいいと一蹴。

さらに「犯人はスコット・グリーンに決まってる」「指名手配しろ」と聞く耳を持たず。事情聴取を抜け出したウォルツに一通の電話がかかる。それは犯人からの電話だった。

 

その頃、コナンは蘭、園子と一緒に世良の病室にいた。

世良は命に別状はないらしい。蘭は「世良ちゃんのことは任せて」とコナンに言い、コナンは病室を後にした。

コナンが病室を出た後、蘭はコナンと世良を酷い目に遭わせた犯人に対して憎悪が湧き出す。

 

すると世良が寝言で「秀兄ぃ、、」とつぶやく。それを聞いた蘭と園子は世良の兄さんのことではないかと推察。

その直後、園子がいつの間にか置いてあった花束の存在に気づく。誰が置いたのかは蘭も園子も分からずじまい。花束を置いた沖矢 昴は車で病院を後にした。

 

その頃、FBIの3人はファミレスでミーティングをしていた。

するとジェイムズの携帯に目暮警部から電話がかかり、ウォルツがホテルの裏口から外へ出てしまったことが発覚。ジョディはその情報をコナンに電話で伝え終えた後、キャメルと一緒にファミレスを後にした。その後、ジェイムズはとある人物に事件の資料をメールで送信。

 

連続狙撃事件、異次元の狙撃手(スナイパー)の犯人が判明!

次の日、コナンは再び世良の入院する病室へ。そこへ少年探偵団も加わり、世良を喜ばせるために夏休みの宿題の途中過程をお披露目する。

これはベルツリータワー視点での浅草の地図、そして建物を配置した作品である。これを見てコナンと世良はあることに気づく。今までは狙撃地点を地図上でしか見ていなかったが、2次元ではなく3次元で見る必要があるということに気づいた。

 

最初の犯行現場から5つ目までを順番に結ぶと正五角形になる。さらにそれをサイコロの順に結んでいくと☆になるのだ。この星はハンターが奪われたシルバースターを表している。

これに気づいたコナンは最後の狙撃を阻止すべく、犯行現場と思われる場所に向かった。途中でジョディやキャメルにもベルツリータワーへ行くよう仕向けた。

 

その頃、車の中で一人、タブレットを片手に推理をする沖矢 昴。彼もコナン同様、犯人の残したメッセージに気づき、いち早く最後の狙撃阻止へと向かったのだった。

コナンは犯人がベルツリータワーから狙ってくると推理し、遠方からベルツリータワーを監視。すると真犯人のケビン吉野(以下、ケビン)を発見。

 

最後のターゲット、ウォルツの居場所を見抜いたコナンはケビンの銃弾がヒットする前にサッカーボールをウォルツに当て、最後の狙撃を阻止した。

これに腹を立てたケビンは急遽コナンを狙い出す。スケボーで頑張って逃げるも、屋上は狭くあっという間に追い込まれてしまう。

 

コナンが狙撃されそうになった時、ケビンのライフル目がけて的確に撃ち抜いたスナイパーがいた。それはなんと沖矢 昴だった。しかも相当遠い距離から的確に命中させていることから、ケビンはシルバー・ブレッドではないかと推測。

 

その後、展望台に逃げたケビン。

実は展望台にはベルツリータワーを貸切にしていた園子一行がいた。そこでケビンは歩美を人質にし、逃走を試みる。そこにFBIが駆けつけるも歩美が人質にされていて思うように動けず。

ジョディがキャメルとの挟み撃ち作戦に出たその時、ケビンは持っていた起爆装置を押し、あらかじめ仕掛けていた爆弾を爆発させた。

 

爆発によりベルツリータワー内は停電になり真っ暗。

そのため沖矢 昴は狙撃できない状態。おまけにケビン吉野は暗視ゴーグルを持っているため、圧倒的不利な状況である。そこでコナンは探偵団バッジで灰原にLEDライトを使うよう指示。

これは博士の改良ミスでライトをつけるとモスキート音が出る仕様になっていた。この音を利用して歩美の居場所を突き止める作戦に出たのだ。

 

結果、この作戦で歩美を見つけ、ケビンに向かってLEDライトつきの探偵団バッジを投げつけた。

暗視ゴーグルをしている時に光は大ダメージになる。その光に怯んだケビンは目を抑えると同時に歩美を手離した。これに腹を立てたケビンは銃を乱射。無差別に射殺しようとした。ここで蘭が果敢に立ち向かうも、頬をかすり、倒れてしまう。

人質を蘭に変更したケビン。それを見たコナンはとんでもない博打に出る。

伸縮サスペンダーを用いて屋上から下まで降り、キック力増強シューズを活かして上空まで跳ね上がった後、ベルツリータワー目がけて花火ボールをオーバーヘッドで叩き込んだ。

この花火の光にケビンは再び目が眩む。それと同時にタワー内が見えるようになった沖矢 昴が再び狙撃し、ケビンのライフルを撃ち抜いた。

そして最後は蘭が得意の空手でケビンを仕留め、事件は解決した。

「了解・・・」

最後、沖矢 昴はジェイムズと連絡を取っていた。そして沖矢 昴は首元に手を触れた後、こう答えた。

 

「了解・・・」

その声は明らかにあの人物の声であった。

 

スポンサーリンク

『異次元の狙撃手(スナイパー)』 感想

ここまで『異次元の狙撃手』の内容を振り返ってきましたが、私なりの感想を述べていきたいと思います!

最高!!!!

いや、もうほんとこの一言に尽きるんですが流石に内容が無さすぎるのでもう少し深く掘り下げていきますね(笑)

 

今作品は特に赤井さんファンの方にはたまらない作品だったのではないでしょうか?(笑)

最後の沖矢 昴のシーンでは館内がざわついていたことでしょう!(私が観に行った時もざわついてました 笑)

私も「沖矢 昴が赤井さんなんじゃないかなぁ?」とは思っていましたが、どうやって声を変えていたのかがずっと分かっていませんでした。首元に手を触れたシーンでやっと分かりましたけどね(笑)

 

それ以外にも、今作もいろいろな伏線が張り巡らされていて面白かったですね!花火ボールと言い、LEDライト付きの探偵団バッジと言い、「これいつ使うんだよ(笑)」と思っていたアイテムがまさかの終盤で大活躍したのはびっくりでした(笑)

そして一番すごいなと感じたのは映画のタイトルです!今作のタイトルの意味を私なりに考えてみました!

1つは「2次元ではなく3次元で考える」というシーンがありましたよね!そういう意味での異次元が1つ。

もう1つは沖矢 昴(というか赤井 秀一)の腕前です!

あの距離で的確に命中させるわけですからまさに異次元の狙撃手(スナイパー)ですよね!

 

この2つの意味が込められているのだと私は推理します!(笑)

以上、『異次元の狙撃手 (スナイパー)』のネタバレと感想でした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

スポンサーリンク

異次元の狙撃手(スナイパー) 声優

江戸川コナン – 高山みなみ
毛利蘭 – 山崎和佳奈
工藤新一 – 山口勝平
世良真純 – 日高のり子
沖矢昴 – 置鮎龍太郎
灰原哀 – 林原めぐみ
赤井秀一 – 池田秀一
吉田歩美 – 岩居由希子
小嶋元太 – 高木渉
円谷光彦 – 大谷育江
鈴木園子 – 松井菜桜子
毛利小五郎 – 小山力也
目暮十三 – 茶風林
高木刑事 – 高木渉
阿笠博士 – 緒方賢一
ジェイムズ・ブラック – 家弓家正
ジョディ・スターリング – 一城みゆ希
佐藤美和子 – 湯屋敦子
白鳥任三郎 – 井上和彦
千葉刑事 – 千葉一伸
アンドレ・キャメル – 梁田清之
綾小路文麿 – 置鮎龍太郎

異次元の狙撃手(スナイパー)ゲスト出演声優

異次元の狙撃手(スナイパー)に登場したゲスト声優さんは、

特技の英語が見られるケビン・ヨシノ役の福士蒼汰さん!もちろん日本語のセリフもありました!

ケビン・ヨシノ・・・福士蒼汰さん

ジャック・ウォルツ・・・パックンマックンのパックン

ティモシー・ハンター・・・中井和哉さん

マーク・スペンサー・・・大塚周夫さん

スコット・グリーン・・・辻親八さん

カルロス・リー・・・マイケル・リーヴァスさん

ビル・マーフィー・・・スティーブン・ヘインズさん

藤波宏明・・・グレッグ・アーウィンさん

森山仁・・・置鮎龍太郎さん

福士蒼汰さんとパックンマックンが異次元の狙撃手(スナイパー)ではゲスト声優されてましたが、
中井和哉さんや大塚さんも声優界では超有名!

それに刑事役で岸尾だいすけさん、レポーター役で柚木涼香さん、フロント女性で甲斐田ゆきさんが出演されていたりと、ちょい役がもったいないくらい豪華だったんです!!

コナンの本編でもちょいちょい登場しますよね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です